記者 のすべての投稿

長寿会が信大附属特別支援学校にXmasプレゼントを届けました

 石渡長寿会の役員4人が、南堀の信大教育学部附属特別支援学校を訪れ、中学部の生徒18人にお菓子などのクリスマスプレゼントを贈りました。4人の役員は会長の広澤一由さん(9常会)、副会長の小池公雄さん(8常会)、相談役の大日方清さん(3常会)、そして福祉部長の倉澤あつ子さん(3常会)です。

 たくさんのプレゼントが机の上に並べられ、代表して広澤会長が「コロナの影響で、以前に行っていた交流ができなくなりました。早くコロナが収束してまた交流会ができますよう」とあいさつ。生徒は帰宅していたため、近藤英剛先生が「中学部でクリスマス会を開く予定です。このプレゼントはとても喜ばれます」と話しました。

 3年前まで長寿会は毎年この時期、石渡公民館に生徒を招いて、手作りのボウリングをしたり太鼓を一緒にたたいたり、おしゃべりなどで楽しく交流会を開いてきました。この心あたたまる交流会は約20年ほど続いている行事でしたが、コロナの拡大で開くことが出来なくなり、役員がプレゼントを届けるようになったものです。

【文と写真:水越渉 石渡つうしん取材班】

近藤英剛先生(右)にプレゼントのミカンを渡す広澤一由会長。左へ小池公雄副会長、倉澤あつ子福祉部長、大日方清相談役のみなさんです

役員を代表して、広澤会長が「生徒さんを公民館に招いての交流会が懐かしい。早くコロナが収束して再び交流会を開きたい。生徒さんに元気でとお伝えください」と話しました

机の上にはクリスマスプレゼントのミカンやお菓子、ジュースなどが並べられました

近藤英剛先生は「みなさんの元気な姿を撮って生徒たちのクリスマス会で映します。生徒はとても喜びますよ」と言って役員のみなさんを撮影しました。表情がちょっと硬い感じです

役員のみなさんはカメラに向かって「元気でね~」「また会いましょう」など手を振りました。生徒たちへのビデオメッセージです

 

 

(了)

すてきな門松が石渡公民館玄関に置かれました

 お正月を迎える門松づくりが12月10日、石渡公民館前で行われました。

 取り組んだのは、門松づくりの伝統技術を持つ倉澤伸治さん(79)と倉澤利雄さん(78)、武田徳雄さん(74)の3人です。これに公民館長の徳武美喜男さんと副館長の大津雅之さんが“アシスト役”として加わりました。

 みなさん、協力して竹を組んだり、稲わらを巻いたりしながら、およそ2時間かけて立派な門松を2基つくり上げました。

 本来はこの日、公民館の恒例行事「しめ縄飾り・門松づくり講座」が予定されていましたが、新型コロナの感染拡大のため中止になりました。しかし、門松がないのはあまりにも寂しいという声が上がり、少人数で外で行う門松づくりはすることになりました。

 みなさん、素晴らしい門松をつくっていただきありがとうございました。良い年を迎えることができそうです。

【文と写真:水越渉 石渡つうしん取材班】

切り分けた竹を3本にまとめました。これが門松の中心になります

大きな空き缶に稲わらを巻き付け、わら縄でしばる作業です。これが土台になります。徳武美喜男・公民館長(右から2人目)と大津雅之・副館長(右端)も作業を手伝い伝統技術を学びました

「この縄の結び方が難しい」と言いながら資料を参考に真剣に取り組んでいました

組んだ竹を立てた土台に、もみ殻を投入して下の部分を固定します

さらに土を加えて「土固め」をして、しっかり竹を固定しました

松や南天、ハボタンや梅などで飾り、最後にお飾りを付けて華やかな門松が完成です

門松をつくったみなさんです。前列左から倉澤利雄さん(3常会)、武田徳雄さん(6常会)、倉澤伸治さん(2常会)。後列左から大津雅之さん(1常会)、徳武美喜男さん(2常会)です

 

(了)

 

年末防犯パトロールが行われました

12月7日、年末防犯パトロールが行われました。

 区内を4班に分け、路上駐車等のマナー違反、放置自転車・バイクなどを区内の道路やその周辺を中心に、区四役、常会長、少年育成委員、防犯女性部員などの方々でパトロールをしました。又、警察官による防犯指導で大豆島交番に派遣を依頼していましたが、当日、事件が発生したという事で防犯指導がありませんでした。

  巡回後の各班からのパトロール報告では、2班から路上駐車が3台あり、必要な措置を行った旨、その他の班から異状がなかった旨の報告がありました。

【文と写真:区広報部長 早川球喜】

公民館で年末防犯パトロール出発前の要領、注意点などの確認が行われました。

4班に分かれそれぞれの担当地域に向けて、年末パトロールに出発しました。

第4班に同行しましたが、8常会の道路、公園などを足元が暗いため、懐中電灯を頼りにパトロールしました。

9常会の道路、公園などをパトロールしました。

パトロール後、公民館で各班長から、パトロール結果の報告がありました。

 

 

 

 

「人がその人らしく生きるためには」-人権擁護講座が開かれました

 石渡区人権擁護講座が12月3日、石渡公民館で開かれ、二十数人の区民が参加しました。長野県人権啓発センターの町田秀敏さんが、認知症の高齢者が安心して暮らすにはどうしたらいいのかについて話しました。

まず本人が認知症かどうかを知る必要があり、その目安として▽体験や行為を記憶できない▽同じものを買ってしまう▽あてもなく歩き回る▽いつもの道で迷う…などを挙げました。ではどうすればとの疑問には▽頼れる仲間をつくる▽前向きに生きる…などの方法を説明しました。

 最後に町田さんは、介護する側の方法として、「ユマニチュード」を強調しました。フランス語で人間らしさを取り戻すとの意味で、あなたは大切な人なのですよという思いをもって、良い関係を結ぶことが最も大切とのことです。具体的にどうすればよいかについては多くの例を挙げ、最後に「認知症の方をどう支援するか、あなたがそうなった時どう生きるかが私たちに問われています」と結びました。

【文と写真:水越渉 石渡つうしん取材班】

「自分のため、家族のため、地域のため、しっかり学びましょう」とあいさつする公民館長の徳武美喜男さん。左は副館長の大津雅之さん。

最初にこの日のテーマが映し出されて講座が始まりました。

「認知症の方にどう向き合うか」を熱心に語る講師の町田秀敏さん。

講座はスライドを使ってわかりやすく進行しました。

参加した区民のみなさん。熱心に聞き入っていました。

(了)

8常会の「いこいの会」が公園に花を植えました

石渡区8常会のボランティアグループ「いこいの会」は11月20日、常会内にある公園の花壇に、赤と白のパンジーの花苗80本と、スイセンやユリ、チューリップの球根合わせて70個を植えました。

毎年6月と11月に行っている恒例の作業です。60代から90代の会員14人が参加しました。新型コロナウィルスの感染が拡大しているため、全員がしっかりとマスクを装着、会話も極力避けて約1時間で植え付けや花壇の周辺の草取りをしました。球根類は来年春、美しい花を咲かせます。

 「いこいの会」は、荒れた公園に花を植えて地域の人が交流できる場所にしようと、7年前に有志でスタートしました。花の植栽だけでなく、スズムシの配布会も開いています。

【文と写真:水越渉 石渡つうしん取材班】

新しい土を加えて赤と白のパンジーを植えました。

会話を控え、黙々と球根を植えました。

手前の袋は市から提供を受けた培養土です。

新しい土をたっぷり入れました。きれいな花を咲かせる下準備です。

新しい土に大きなチューリップの球根を30個植えました。来年春が楽しみです。

「いこいの会」の仲間たちです。寒い中、お疲れさまでした。

 

(了)

石渡区区民文化祭が開催されました

 「芸術の秋」と言う言葉は日本だけのようですが、地域の芸術や文化に触れる区民文化祭が11月6日に石渡公民館で開催されました。今年も昨年と同様、コロナ禍で作品展示のみとなりましたが、多くの個人・団体から生け花、盆栽、絵画、プラモデル、写真、漆器及び竹細工など、又みかさ幼稚園園児さん及び信州大学附属長野特別支援学校生徒さんからも絵画などの作品が寄せられ、展示されました。展示は9時から16時までと短い間でしたが、多くの区民の皆様が鑑賞に訪れました。

 最後に、倉澤伸治さんが制作された笊や籠など、大小様々な竹細工が希望者に当たる抽選会のお楽しみもありました。

 【文と写真:区広報部長 早川球喜】

生け花クラブの皆様の生け花。

小山(武)さんの作品。

附属支援学校の皆さんの鉄琴、太鼓など。

倉澤利雄さんの笊、籠などの竹細工。

倉澤伸治さんの笊、籠などの竹細工。最後に希望者に抽選でプレデントされました。

写真クラブの皆さんの写真。1年間撮り続けた写真を、この日のために2作品を選びました。

みかさ幼稚園児さんの絵。

春の御柱祭の写真(増田今雄さん撮影)

小林さんのレーシングカー及びオートバイなどのプラモデル。

ボールペンアート。

平塚さんのミニ折り紙。

陶器。

信州大学教育学部特別支援学校の皆さんのクレヨン画。

小山さんの我が家で代々催事に使われた漆器など。

小山(武)さんの石の鉢に植えられた草木。

畑さんの黒松、真柏、五葉松などの盆栽。

フィナーレを迎えました。

 

 

石渡写真クラブ月例会(10月)作品&講評=文化祭出品作品紹介

石渡写真クラブ月例会(10月)作品&講評=石渡区文化祭展示作品紹介
 コロナ下、今回も演芸大会なしで展示のみの文化祭となりました。写真クラブでは講師を含む会員10人の作品20点を出品しました。昨年秋から今年にかけて撮影した未発表作品ばかりで、元気に山登りした時の写真や行楽地、善光寺、近くの運動公園など個性にあふれた力作が並びました。
 多くの作品は、毎月公民館で実施の月例会に持ち寄り、みんなで鑑賞しながら写真技術向上に向け勉強したものです。毎月、区のホームページに講評ととともに紹介していますので、だぶった作品のコメント、講評は割愛します。興味のある方は、パソコンかスマホにて「石渡つうしん」をご覧ください。
(トップページ左側の「公民館」→「クラブ紹介」→「写真クラブ」→「月例会作品」を順次クリック)

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【倉澤 利和】

「いつか空へ」(破風岳毛無峠)=8月11日
講評:9月例会の作品「トレッキングには最高の破風岳(1,999㍍))」(高山村)と同じ山行時の作品。コメントは「好天に恵まれて清々しい気分になりました」でした。峠から見た山稜の上に広がる青空に一条の飛行機雲でしょうか、上に登る(下にくだる?)雲をすかさず捉えたところがグーです。ぽっかりと浮かぶ雲と共演、空気感のある(スケールのある)作品となりました。自分も「いつかは・・・」という憧れも感じ取れました。
「鮮やかな紅葉」(若穂綿内清水寺)
講評:多くのカメラマンが狙い、実に多くの写真が登場してきた清水寺の紅葉ですが、どれもきれいですね。同じく、そのきれいさ(鮮やかさ)に浸った様子が作品、タイトルから伝わってきます。ただし、「きれい」という横並びの作品群から抜け出すには、何か付加価値を足さないといけません。まあ、そんな屁理屈や技術論はどうでもいいという逆の考え方もあります。きれいなものはきれいに撮れて、単純に「あーよかった」も写真の持つ一面ですね。

【高山 三良】

「綿になるまで」(自宅)=8月~9月
コメント:柔らかな花をつけ、花の色を変え、硬い実となりはじけて綿になる。神秘さえ感じます。
講評:以前、信濃毎日新聞で取り上げられたこともある綿の木と花ですが、花の色が変化するとは驚きでした。その様子を含め、成長過程を組み写真にまとめた報道写真。事実を伝えるという写真の持つ特性で、変化を分かりやすくまとめました。
「コスモス園」黒姫高原=9月16日
コメント:黒姫高原のコスモス園をリフト上から撮りました。地上では見られない景色がありました。
講評:スケールのあるものはハイアングルから撮りたいところですが、なかなか市街地のように隣接したビルの屋上など高い所がありません。せいぜい脚立の出番ですが、10尺程度(農家で使う三脚脚立)で限度があります。それでも、身長の高さよりは少しでも高い所から撮ると感じが違ってきます。ヘリを登場するまでもなく、近年ではドローンと言う手もありますが・・・。そこでハタと考えましたね。リフトを利用しての撮影。広がりのある作品となり、人物も適度に配置され花を楽しむ様子が分かります。

【竹内 一郎】

「雪炎」(善光寺)=1月例会作品
「俺もやりたい」(自宅)=2月例会作品

【中島 弘】

「生きる」(飯山市)=2月例会作品
「灼熱の恵み」(中野市豊田)=7月例会作品

【早川 球喜】

「咲き誇る菜の花」(飯山市菜の花公園)=5月例会作品
「咲き誇る菜の花」(飯山市菜の花公「鯉の乱舞」(野尻湖)=8月例会作品

【広澤 一由】

「霊松寺の紅葉」(大町市)=2021年11月例会作品
「鬼(木)門を過ぎて頂上へ」(新潟県米山)=6月例会作品

【宮澤 一成】

「負けないぞ」(飯山市北竜湖)=8月例会作品
「幽影」(善光寺)=1月例会作品
※例会の作品タイトルは「青色に包まれて」です。

【吉池 安雄】

「公園の四季・秋の雲その1」(長野運動公園)
「公園の四季・秋の雲その2」(長野運動公園)
講評:吉池さんのフィールド、運動公園から見た秋雲2題。1枚はサブトラックから南方向、もう1枚は築山から西南方向ですが、いずれもウロコ雲状の波打つ雲に太陽をあしらいながら撮影しています。空気感が素晴らしい作品となりました。この秋の雲をはじめ、春夏秋冬の公園の様子を撮りため、個展までこぎつけるべく頑張っていきましょう。

【吉田 幹男】

「レンギョウと桜」(長野運動公園)=4月例会作品
「登りづらい石段」(小布施町浄光寺)
コメント:ブドウを見に須坂市高畑に行き、小布施町浄光寺に寄りました。歴史を感じる石段は、石が不揃いで登りづらかったです。
講評:私も一度行ったことのある寺で、確かに登りづらかった記憶があります。不揃いで、時の経過とともに崩れたりし登りづらいことこの上ない石段でした。でも、檀信徒が協力して作ったものでしょうか、往年の歴史を感じさせてくれます。

【増田 今雄】

「山葵田(わさびだ)の春」(安曇野市穂高)
 県カルチャーセンター「たのしい写真教室」で、安曇野市の光城山へ桜の撮影会の帰りに立ち寄った大王わさび農場近くの湧水の川です。川沿いに小さな山葵田、桜の花と白花はナシの花か?ちょうど向こうに安曇野を代表する有明山も見え、春本番でした。

「わが家」(長野市妻科)
 所用で行った妻科神社近くの民家の庭先。植え込みの葉の間に直径数センチのクモの巣があり、よく見ると何とも波状というか、ひと言で表現できない模様がらせん状に渦巻いていました。そして、その中央にご本尊様が・・・。クローズアップが得意のコンパクトデジカメで撮ったものの結果は深度が浅くどうも気に入らない。再度一眼デジカメ、55㎜マクロレンズで挑戦。三脚を立てたりいろいろ前段の仕掛けをしているうちに、「わが家」を支える外側の糸が切れ始め、三脚をそっと撤去し手持ちで撮影しました。

【なぜ展示するか】
 「写真」を一連の流れで追うと、撮影から始まり最終的に「展示」で終止符を打つものと考えます。

 そもそも写真の役割の中に「伝える」ことがあります。報道写真のように、今現実に起きていること(起こった事)を画像で第三者に伝える。見た人は「なるほど」と確か起こったことを確実なものとして認識します。報道カメラマンが撮影した写真は、読者に見ていただき完結します。
 では、私たちの写真はどうか。
 撮影した作品は、撮った人の思いや感動などが盛りこまれます。「朝焼けは雄大でしたよ」、「小さな子どもの表情が何ともかわいらしい」、「ひと昔前にタイムスリップしたような懐かしい路地裏の光景」などなど作品が見た人に語りかける、訴えるものがそこに存在します。
 シャッターを押すという行為は、その場面をもう一度誰かに再現して見てもらいたい、自分が思ったことや感動を味わってもらいたいという気持ちがあるからと思います。撮った写真を、自分だけで見て満足し終わりという人は少ないと思います。
 自分の味わった感動や思いを見た人にも共有していただくこと。それが展示(写真展)です。写真展に足を運ぶ人たちの中には、写真を志す仲間はもちろんですが、写真を自らやらない人も来ます。作品を見て、作者と同じ感動、思いを追体験して帰ります。
 展示(写真展)は、写真を通し人と人とがつながってゆく場(機会)と捉えましょう。
    (県カルチャーセンター「たのしい写真教室」講義より、増田)

 

朝陽市場(軽トラ市)で新鮮野菜などを販売

 11月4日、秋の澄み切った素晴らしい天候に恵まれ、あさひかがやき事業実行委員会が主催する地元で採れた新鮮野菜を軽トラックの荷台で販売する朝陽市場(軽トラ市)が開催されました。千曲川リバーフロントスポーツガーデン特設会場で午前9時から正午までと、短い時間の開店でしたが多くの来場者で賑わいました。

 6台の軽トラックの荷台には、地元で採れたりんご、サツマイモ、カボチャ、白菜、ほうれん草及びネギなどの野菜や菊芋焼酎が並び値段も均一価格や袋売りなど工夫を凝らし、販売していました。又、三々五々訪れた地区の方々は、目当ての野菜などを吟味しながら、買い求めていました。

 開店間もなく荻原市長などがそれぞれ来場され、野菜を買い求めていました。周囲のスタッフとの会話も弾んでいた様子でした。又、500円以上の買い物で、がらがら抽選ができるお楽しみもありました。

【文と写真:区広報部長 早川球喜】

荻原長野市長が開店直後に急に来訪されました

荻原長野市長がスタッフの皆さんを集めて、集合写真に納まりました

地域の方々が三々五々集まってきました

続いて、関係者の皆さんで集合写真に納まりました

地元の新鮮な野菜をお買い上げです

お買い物の金額を計算中です

色々な野菜を買ったので、家路へ急ぐ親子連れ

10時半頃の会場の様子です

お買い物中です

11時半頃、会場の様子です

 

12時頃の会場の様子で、閉店の支度を始めています

 

長寿会文化講座が開催されました

 10月30日、長寿会が石渡公民館で映像を見ながら、長野市発展の礎となった大三角形の善光寺・長野県庁・長野駅辺りの文化・史跡・歴史を、長野市ガイド協会の馬場俊行氏の講話を聴く、「門前町ながの・ブラ散歩」を催されました。

 善光寺詣では、丹波島の渡しから吹上、荒木を通って善光寺さんまであと一里、権堂まで来ると登り坂となり、仁王門、山門及び本堂の三層の屋根が間近に見えます。

 1871年に中野県を長野県と改称して、県庁を中野から長野村に移転しました。

 仏閣型長野駅は3代続き、冬季オリンピックで北陸新幹線の開通で姿を消しました。又、25年程前には長野駅が3代と4代とが共存していた時期があり、信越線は明治26年に直江津まで全通しました。

 以前の裾花川は、現在の長野県庁付近から東流し、新田町・七瀬・長池あたりを乱流して屋島で千曲川に流れ込んでいましたが、江戸時代に南下させ丹波島付近で犀川と合流させる瀬替えしがありました。これらの文化、史跡及び歴史に触れながらバーチャルなブラ散歩を楽しみました。

【文と写真:区広報部長 早川球喜】

長野市ガイド協会の馬場俊行氏の講話。
五感(目・耳・鼻・舌・皮膚)を働かせながら調べる意欲。

丹波島の渡し跡。善光寺詣りは、日本晴れ。

丹波島橋北詰永代常夜灯。

仏閣型の長野駅舎(昭和11年~平成8年)

三代目と四代目が共存する長野駅舎。

懐かしい長野駅1番線。

裾花川と犀川の流れ 今むかし。

裾花川関連の地名が多い(新田町、幅下、…)

新田町 定点撮影今むかし(昭和30年、令和3年)