「石渡写真クラブ月例会作品」カテゴリーアーカイブ

石渡写真クラブ月例会(4月)作品&講評

石渡写真クラブ月例会(4月)作品&講評
 新年度、令和6年度の月一回の例会がスタートしました。新しく小池公雄さん(8常会)がメンバーに加わりました。写真を通して、区の文化活動や会員相互の親睦、生きがい作りなどをともに目指していきたいと思います。負担にならないよう、楽しくやっていきましょう。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。
※作品・講評の順番は、会員の氏名をあいうえお順に、月ごとに逆にして紹介しています。

【吉田 幹男】

「一足早かった」(小布施町岩松院門前)=4月10日
コメント:仁王門にかかるソメイヨシノがもう少し咲いていればよかったが、残念。写真の水平も取らずに気持ちも悪いですね。                           
講評:そうですね。参道の両脇にある桜が咲いていればにぎやかだったでしょうが残念です。狙いを定めて足を運んでみても、肝心の花が早かったり遅かったりいろいろです。天候も左右します。が、これも写真の楽しみのひとつ。雨や雪降りであっても、それが意外といい作品になることもあります。諦めずに、肩の力を抜いて、写真を楽しんでいきましょう。来年こそ!です。水平(傾き)はそんなに苦になりません。ワイド系レンズで上部に向かって垂直のものが歪曲した場合は、ほぼ中央部分の被写体の主軸の線を直立に近い感じにしておけばOKです。

【宮澤 一成】

「春の始まり」(信州新町ろうかく梅園)=4月5日
コメント:新年度を迎え、いよいよ花の季節が始まりました。やはり、最初は梅の花からかなと思い撮影に。縁起が良さそうな紅梅と白梅を撮ってみました。
講評:紅白の花を対比して並べて見せ、印象的です。左下には犀川の水辺も垣間見えしっとり感が漂います。実の採取とともに観光目的を兼ねた梅園なので、点景に観桜客がいるとよかったです。
「複雑怪奇」(信州新町ろうかく梅園)=4月5日
コメント:梅園の中に、やたら曲がりくねった幹を見つけ、懸命に生きようとする生命力の凄さを感じました。私もあやかりたいものです。
講評:小池さんの作品「定年変更」(更埴市森の杏畑)が出てきますが、場所も日時も姿も違いますが古木の点で似ていますね。老いても花をつけ見る人を楽しませる。生命の力強さ、不思議を感じさせてくれるいい素材を発見、作画したところがいいです。感動が伝わってきます。作品を見た人も元気をもらいます。

【廣澤 一由】

「カタクリの群生」(上越市春日山)=4月2日
コメント:春日山城の本丸付近にカタクリの群生があり、遠い昔の人もこの可憐な花を見て、心を癒していたのだろうと想いを馳せた。
講評:この作品は「線」をキーワードに見てください。左側の上部から右下に下がった斜めの斜面、そこに主題のカタクリ。その向こうの擁壁に育つ木々の枝が林立。一段下がった向こうには右から左に傾斜した斜面の中央に一本の道路。その道路も途中で「くの字 」に。「線」が巧みに交差し、見る人を飽きさせないアクセントのある作品になりましたが、道路に散策の人影がないのが残念。
「残雪わずかな飯縄山」(柳原東部公民館西)=4月10日
コメント:早春に咲くスイセンが咲き誇る先には残雪が少なくなった飯縄山が見下ろしている。もうすぐ田んぼが耕され、田植えの準備が間近に感じられる春となった。
講評:春の花スイセンと残雪も少なくなってきた飯縄山を入れた春たけなわの光景。でも、農作業はまだこれからという初夏にかけての狭間を描写していますが、やや空が多めかなと思います。雲などがあればですが、もう少しカットしてその分だけ下を取り入れたらと思います。水田の広がりを表現するとすれば、ちょっとした脚立程度のハイアングルで狙うとスケールが出たはずです。

【早川 球喜】

「湖畔の桜」(須坂市臥竜公園)=4月11日
コメント: 臥竜湖畔の桜が花を付けました。まだ3分或いは5分咲きでしょうか、重なるように咲き始めた花は、「華」と表現して良いようなはなやかさをたたえていました。
講評:桜並木が右端のほぼ中央から左の上と下に向かう「放射構図」でリズム感が出ました。惜しむらくは右下の池が単調で、ボートとか野鳥など点景が入ると「華やかさ」が一層増したかと思います
「くんしらんが咲きました。」(自宅)=4月
コメント:数年前に近所の方から頂いたものですが、今年も見事なオレンジ色の花を付けました。
講評:見事に咲いたクンシランの大輪が2つ。さて、画面の中のどの位置に花を置くか、アングルは真正面がいいか 、部屋の中、玄関とはいえいろいろと迷ったかと思います。花は画面の中にある「黄金分割点」にほぼ合った位置に配し、玄関の置物などをさりげなく入れ込み、いい感じの作品に仕上がったと思います。ストロボ一発で花が浮き出ましたが、ノーフラで撮影すると葉の部分、周りの置物などがもう少し明るく出てリアル感が出たかと思います。

【中島 弘】

「春がキター」(長野市大岡日向)=3月15日
コメント:毎年撮影に通っている日方に福寿草を撮りに行ってきました。直前に降った雪で福寿草も雪の中。南斜面の福寿草が春を告げていました。
講評:フクジュソウはどうやって撮ってもフクジュソウ。この場所は私も2,3度撮影したことがありますが、手前にフクジュソウ、その向こうに民家や山里の広がり、そしてはるか向こうに北アルプス連山。という定番の絵柄が撮影でき、訪れた多くのカメラマンが 狙う構図で、「あ~、いい写真撮れた」と満足します。でも、その手の写真は「どっかで見たことあるな~」です。という意味で、降雪が解けた場所から咲き始めたフクジュソウを手前に入れ、北アはぼかして少しだけというアングルは新鮮な感じで、この時ならではの千歳一隅の作品となりました。桜でもミズバショウでもしかり、どうやってオリジナル作品を生み出すかに腐心してみましょう。

「陽光を受けて」(自宅)=4月7日
コメント:4月の陽を受けてリュウキンカが一気に咲きました。鮮やかな黄色と葉の艶が春のウキウキさを感じさせます。
講評:にぎやかに咲いたのは一株でしょうか二株ほどでしょうか。ファイル情報によると、レンズは300㎜の望遠で散逸する花々の距離感を圧縮させてみせる「引き付け効果」がでました。左右のやや上部と中央の花にフォーカスがきて、前後の花はぼけてはいますが、もう少しぼけ具合が強いと主題がより強調され印象的になったかと思います。ファイル情報によると絞りは5・6。もう少し絞りを開けると(5.6が最低の開放値だと限界ですが)よかったかなと思います。

【高山 三良】

「バンビのブローチ」(自宅)=3月22日
コメント:彼岸過ぎなのに前夜からの積雪。昼には溶けていました。ツララが解けながらいろんな形に。
講評:♪こじぃーかのバンビーは・・・♪。思わず、口ずさみたくなる作品。よく見つけましたね。観察力に脱帽です。写真をやっていると、物事、目に見えるものをよく観察するようになります。大小問わず、出現したもの、消えてしまったもの、珍しいもの、季節の移ろい、人の動きや表情(顔色)などなど。何気なく気が付かないものを気づかせてくれる力が養われます。写真をやると若さが保てる、若返るといわれる由縁です。写真から歌が連想される。楽しいですね。
「我が家の白梅」(自宅)=4月7日
コメント:ひっそりと淡く咲く白梅に風情を感じます。翌日には桜に主役交代です。
講評:背景は何でしょうか。一律に木漏れ日を浴びた木立のようにも見えますが、単純な背景に梅の花が浮き立ち“風情”を感じます。やや花の明暗がアンダーで、もう少し明るくしてもよかったかと思います。いやいや、何となく日陰(木陰)でひっそりと健気に咲いた感じがアンダー気味に表現されていていい・・・という見方もあります。

【小池 公雄】

「名残の朝海」(茨城県五浦(いづら)海岸)=1月22日
コメント:一晩中、大声で哭(な)きわめいていた海岸に朝が来た。粘り気を感じるような波に朝陽が当たり松の裏側から見えた景色が墨絵の様で、田舎者には珍しかった。
講評:大海原の大胆にうねった波が迫力です。そこに一条の朝日が差し込み早朝の雰囲気を盛り込んでいます。手前のシルエットになった松の木もやや斜めなのが不安定感を助長しています。絵画のような写真となりました。
「爺ケ岳眩し」(大町山岳博物館前)=1月30日
コメント:真っ青な空に北アルプスの稜線が見事に輝いていました。手前の道路を大きく入れて撮ってみましたが、山が小さくなり、稜線の主張が薄れる感じで、やめました。
講評:真正面の三つのピークが爺ケ岳。その右に二つのピーク、南峰、北峰の鹿島槍ヶ岳が残雪を抱きくっきり。その手前に広がる岳都大町市、さらに手前に自分の立ち位置の道路を入れ三段構図で奥行き感たっぷり、スケールのある作品になりました。コメントにある通り、道路はあまり広すぎずに適度な割り合いで、主題の山が引き立ったかと思います。あれこれ考えながら撮っていること、素晴らしいです。道路わきの案内看板や二人の見物人も点景となりました。
「定年変更」(更埴市森の杏畑)=4月3日
コメント:若くて旺盛な木に交じり、古株に申し訳程度の芽を残し花を付けようとしている木があった。時世の中で定年延長?を表現したかったが、できませんでした。
講評:これまで何年の間、実を産してきたのでしょうか。「長い間ご苦労様。もうこの位で・・・」、いやいや「もうちょっとリニューアルして頑張って・・・」。自分がかつて味わったターニングポイント、定年の時の感慨を重ね合わせ、シャッターを押した気持ちがひしひしと伝わってくる意味深な作品です。主題を画面の中央、真ん中に配置した「日の丸構図」が安定感を与え、老木の重厚感が見て取れます。「定年延長」は十分表現できたと思います。

石渡写真クラブ月例会(3月)作品&講評

石渡写真クラブ月例会(3月)作品&講評
 桜も開花が宣言。長い冬から春へと季節が移りました。新年度もスタート、地域に学校に職場にフレッシュな気分が漂います。        被写体はネイチャーものばかりではありません。身近なところの、例えば区内の行事やイベント、畑仕事、スポーツ、趣味などなど。ともに暮らす仲間にも目を向けてみましょう。貴重な歴史を刻むひとコマにもなります。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【高山三良】

「誕生カード」(自宅ほか)=2023年~2024年
コメント:長寿会の誕生会は年4回。出席できない人(40人)に誕生カードを贈りました。各季節の写真で組みました。
講評:写真は見る人の心を揺さぶります。長寿会の誕生会に足を運べなかった方にせめてものプレゼント。花鳥風月、身近なところで目にする花や鳥、お月さんなどがカラフルでにぎやかです。とりわけ外出もままならない方にとっては、さぞかし癒されたプレゼントかと思います。
「星の瞳」・別名(長野運動公園)=3月8日
コメント:春の訪れを一番に知らせてくれる可憐な花。花言葉は忠実・信頼・清らか。一つだけ花弁が紫がかっていました。「貴女がヒロインだよ」と声をかけながらシャッターを切りました。本名については先生にお任せ。
講評:花の名前はオオイヌノフグリ。2月、3月でも南向きの陽だまりで、いち早く花を咲かせてくれる春告げ花です。桜の咲くころともなると満開を迎え、畑の脇で鮮やかな空色の群生が見られます。この作品は群生というより、あっちを向いたり、こっちを向いたり、つぼみだったり、ぱっと満開のものも。それぞれが個性的で一律でないところがいいですね。その中でも紫色の花弁を見つけ、中央にどんと配置した「日の丸」構図でまとめました。

【竹内 一郎】

「石の上にも3年(何年)」(朝陽支所向かいの北八幡川沿い)=3月12日
コメント:北八幡川朝陽支所向かいのフェンス際にアスファルトに育った何の木か分かりませんが大きく育っていました。頑張れ!
講評:数年前の廣澤さんのころぼっくる園芸店前のツツジを思い出しました。電柱の支線を覆う黄色のカバーの途中、穴が開いたところからきれいな花が顔を出した作品でした。近年、新聞報道でも目にする「ド根性」作品ですね。写真を拡大してみると、用水のコンクリートとフェンスの間、根はアスファルトとの隙間で、まあ、よくこんなにも大きく育ったものですね。樹種はピラカンサと思われますが、ひっそりと静かな“人生”を過ごしてきたものです。いいものを見つけました。鋭い観察眼と写真に撮ったことが素晴らしいですね。

【中島 弘】

「春を待つ」(長野市信更)=2月18日
コメント:白馬連峰は深い雪の中。ジーッと春を待ちわびる山間地の集落の様子を撮りました。
講評:右から白馬、杓子、白馬鑓の白馬三山と唐松岳。北ア北部を代表するピークが残雪を抱き、手前の雪の消えた山とは対照的です。欲を言えば、朝一のモルゲンロートとか霧や雲があると迫力が出ますが、現実的には手間暇がかかります。無理はしないでおきましょう。
「待ちきれず」(千曲市の千曲川河川敷)=2月29日
コメント:前日降った雪が冠着山に残るなかマレット愛好者が、寒さもどこ吹く風仲間と楽しんでいるところを撮りました。
講評:こちらは、うっすらと降り積もった雪が残る冠着山を背景に河川敷でマレットゴルフを楽しむお年寄り。このころはまだ風が冷たく、スポーツもひと苦労です。冠着山の雪がやや目立ちにくい のが惜しまれます。光線状態のいいタイミングだともっと浮き出たかと思います。

【早川 球喜】

「元日の日出」(石渡八幡神社)=1月1日
コメント:石渡神社で元旦祭が始まる頃、赤い光を帯びながら太陽が顔を出そうとしています。
講評:午前7時35分の撮影(ファイル情報より)。冬の日の出は遅いですね。まだ祭りが始まる前、しらしらと明るくなってきた東の空が徐々に赤みを帯びてきました。厳粛な感動を味わえる瞬間です。ストロボ一発。右の御柱や街灯、松の木、灯篭の向こうの桜並木をシルエットにした微弱な赤い光が印象的です。

【廣澤 一由】

「花と一緒に日向ぼっこ」(自宅庭)=2月18日
コメント:・福寿草と孫が作った人形が、春の訪れを示す福寿草とのコラボ!実は鳥が福寿草を食べに来るので、その対策も兼ねて!
講評:庭先でいち早く春を告げるフクジュソウが横並びにきれいに咲きました。ただ、そのものを撮っても面白くもおかしくもない。そこで、孫が作った人形を点景に創作したところがいいですね。人形は案山子の役目も兼ねているようですが、さらに、ここに鳥とか猫とか来るとおかしさが増しますね。
「いよいよ工事調査開始!」(長野運動公園東の空き地)=3月10日
コメント:・地下に調整池、上に駐車場の工事の為の調査ボーリング工事が開始した。水害対策と駐車場増設が待ち遠しい!
講評:長くどんど焼きでお世話になった場所です。造成され、さらに住宅が増えるのかと思っていましたが、アクアウイング東のグラウンドのように地下は貯水施設、上は駐車場に変身予定とか。一見何の変哲もない一枚の写真ですが、貴重な時の流れを記録した写真です。

【宮澤 一成】

「輝く春を待つ」(自宅庭)=3月13日
コメント:かなり膨らんだ梅の蕾に、開花を遅らせるかのように雪解けの滴が付いていました。
講評:春の淡雪が梅のつぼみにかかり、滴となっている様子です。右下から左上に伸びる枝が斜め構図でアクセントというか、流動感が出ました。水滴で潤い、きれいな花を咲かせる序章が表現できました。
「気早だね」(ぱてぃお大門)=2月28日
コメント:善光寺大門付近を散策していたら、「ぱてぃお大門」内に数輪の桜の花を発見、2月末としては珍しく思い撮影しました。
講評:桜の種類は300を超すそうですが、寒い時期に咲くと珍しかったり、春への期待が込められ、見る人を一喜一憂させてくれます。確かにこの桜は2月28日に咲いたものに間違いないと思いますが、背景に何か寒さを表すものを入れ込むと対比できて一層、寒中の桜として引き立ったかと思います。

【吉田 幹男】

「寒さに耐えて」(自宅)=3月7日
コメント:雪割草の花が、今年は室内に置いたため一足早くさきました。                                                                      
講評:雪を割って花をつけるところから「雪割草」と呼ばれます。ミスミソウやオオミスミソウ、スハマソウなどを指し、地域によってはフクジュソウを指すこともあるようです。参考までに、過去小生が書いた関連記事を参考までに掲載しますのでご覧ください=下。吉田さんの雪割草は、葉が丸いところからスマハソウではと思いますが、記事にあるように野生種の花の色は白が多いそうです。レンズの最短距離のためか、元画像はやや周辺に余裕があり過ぎなのでトリミングしてみました。

週刊長野=2018年4月21日。講師の連載企画「北信濃の動植物をたずねて」より

石渡写真クラブ月例会(1月)作品&講評

石渡写真クラブ月例会(1月)作品&講評

 年の瀬からお正月と暖冬傾向の中穏やかな日が続き、節分、立春を迎え「もうすぐ春ですね」。と安閑としていたら、ドカッと久々の大雪にびっくり。しかし、翌日は雪晴れの天気で雪も一気に解け、「やっぱり暖冬か」。
 今月は、そんな暖冬の中の年末年始、どんど焼きなど暖かな作品が目立ちました。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【倉澤 利和】

「頑張る(熱い)」(運動公園東側(ホクト)駐車場)=1月8日
コメント:毎年恒例のどんど焼きが行われました。燃え盛る火の中、無事に願いを聞いて目を入れてもらいましたので熱くてもこらえます。今年でこの場所での開催は最後になるとの事、伝統文化がうすれていく中、場所を確保して頂き行事が続く様願います。
講評:1年の無病息災を一身に背負い護ってきた役目を終え、今は静かに身を滅するダルマ。ご苦労様でした。でも、最後とはいえ熱いね。そんな思いを込めてシャッターを押した作者の思いが画面から伝わってきます。

【高山 三良】

「仲良しR6」(自宅)=1月8日
コメント:今年も来てくれました。最初は一羽、翌日二羽で。ヒヨドリ、オナガの留守を狙って忙しい食事です。
講評:兄弟か夫婦か分かりませんが、中むつまじい雰囲気が感じられます。主題のメジロや周辺のナンテンの実や葉が斜光に映え、背景のぼけもいいです。
「直立不動」(運動公園駐車場)=1月8日
コメント:今冬初めての降雪がどんど焼きの日。積雪20cm。東を向く男たちがいた。
講評:突然の雪に見舞われた中、恒例のどんど焼き。組み立てられたやぐらを燃やし、残り火でお餅や繭玉などを焼き食べるだけの行事ですが、毎年同じことの繰り返しで被写体としては難しい素材です。粛々と行う一連の動きは代わり映えがしません。その中で何を感じ、何を、どうやって表現するか、写真を見てもらう人に何を訴えるか・・・。難しいだけに、そこが腕の見せ所ですね。その点、燃え盛るやぐらの向こうに人間が横並びに立つ様子に何かを感じた。その“何か”がよく分かる一枚になったと思います。

【竹内 一郎】

「参道のクリスマス」(善光寺)=昨年12月24日
コメント:善光寺は無宗派の寺院です。参道入り口のクリスマスイルミネーションの中、善光寺でお参りする人でごったがえしていました。
講評:結界された神聖な善光寺と娑婆の世界との境。西洋のキリストの生誕を祝うクリスマスの雰囲気が向こうに垣間見え、その光が日本のお寺の参道石畳に映し出され、あっちとこっちが微妙に交錯する作品に仕上がりました。

【中島 弘】

「犀川の風物詩」(安曇野市犀川)=昨年12月20日
コメント:白鳥飛来の情報が入ったので、撮影に行ってきました。約60羽の白鳥がゆったり羽根を休めていました。傍らで写真愛好家がシャッターチャンス狙っているいつもの風景がありました。
講評:今シーズンも飛来したコハクチョウとカメラに収めようとするカメラマンたちのさりげないショット。雪もなくのどかなひと時は、悠久の時の流れをも連想させてくれます。
「今年の目標」(長野市千曲川)=1月5日
コメント:新年早々、マイナス7度の早朝、千曲川の土手を散歩している人を見かけました。「今年の目標はメタボ脱出かな?」なんて勝手に想像してしまいました。
講評:堤防の枯れ草や果樹の枝にびっしりと張り付いた霜。見事ですね。向こうの下は川霧でしょうか、さらにその向こうの山並み、上の雲と青空が寒い朝の雰囲気を一層盛り立てています。アスファルトの道が人工物なので無粋といえなくもないのと、人物がやや小さめか。

【早川 球喜】

「どんど焼き」(長野運動公園陸上競技東側空地)=1月8日
コメント:どんど焼きは、年神様を見送る火祭りだそうですが、今年も成人の日、西日が傾く頃火入れされました。
講評:倉澤さん、高山さんと素材が同じどんど焼きですが、三人三様、それぞれに視点が違い、個性が出ました。この作品はやぐらを二基入れ、ポイントを西日の太陽に絞っています。ややアンダー気味にし、人物の影や立ち上る煙などが逆光に映え独特の雰囲気が出ました。惜しむらくは、もう少し太陽の上のスペースがあると窮屈感が払しょくされました。

【廣澤 一由】

「夕闇のサブトラック」(運動公園サブトラック)=昨年12月28日
コメント: 誰もいなくなったサブトラックがオレンジ色のライトに照らされてひっそり一日の疲れを癒やしているようだ。飯縄山が綺麗にバックを飾っていた!
講評:「ファイル情報」から撮影は17:16分。短い日に、灯り始めた照明の明かりがいい感じで捉えられました。向こうには飯縄山やまだ残る青空。夕暮れ時の一瞬をタイミングよく切り取りました。いい素材に気が付き、色調豊かに表現できました。
「赤い実を食べた!」(自宅庭)=1月8日
コメント:今季初積雪で、ツグミが食べ物を探しに舞い降りた!でも赤い実は種が大きく実が少ないので長居はしなかった!
講評:庭先に飛来する野鳥はヒヨドリが圧倒的に多いですが、運よくツグミ。すかさず収めましたね。惜しむらくは、できれば実をついばんでいるショットとか静止する前後の羽がきれいに広がったショットとか、何か動きがほしいかなと。それと、背景が単純な色彩なので、思い切って鳥の部分を明るく、コントラストを上げ加工してみました=写真下。

  

【宮澤 一成】

「雪のない初詣」(善光寺)=1月2日
コメント:最近にない、寒さを感じさせない初詣でした。
講評:暖冬の予報通り、雪のない穏やかな年の明け。さりげない写真ですが、日時をきちんと明記し残すと、貴重な記録となります。
「酷寒の明けがた」(千曲川リバーフロント)=1月5日
コメント:霜が降り、薄霧のかかった氷点下4℃の早朝です。
講評:早朝6時47分とファイル情報。びっしりと降りた霜が手前の枯れ草に、その向こうには左からやや下降気味に規則正しく並んだ林がリズミカル。さらにその向こうは川霧でしょうか、右上には青空が顔をのぞかせぽっかりと残月。ビバルディーの「四季」の旋律を想起させてくれます。シンプルにまとめ、空気感たっぷりです。

【吉田 幹男】

「漸く白くなった」(東長野病院手前のすくすく保育園前)=1月9日
コメント:漸(ようや)く積もった雪が、市内と山並みを白く染めてやっと冬らしくなりました。市内と山並みを撮りました。          
講評:暖冬傾向で大晦日から年明けは雪もない穏やかな年初めでしたが、やっと白くなった銀世界に思いを寄せた吉田さんの気持ちが伝わってきます。温暖化が進まないためにも、少しは寒いくらいのほうがいいですね。例会に元の画像とトリミングしたものと二枚出品。画面真下の中央にガードレールに取り付けてある反射装置でしょうか、黄色の丸いものがあり、これをカットしたものです。確かになくなりましたが、向こうに新幹線の高架がありますが、その間が窮屈になってしまいました。

【加工時の作業を撮影段階にフィードバック】 
 吉田さんの例は、撮影後に気が付きトリミング加工したわけですが、できれば撮影段階で気が付いて、立ち位置を高い場所や脚立を利用しハイアングルから撮影するとよかったかと思います。後で困らないように?最初、つまり撮るときに工夫することをお勧めします。
 加工。撮影した元の画像をいろいろといじくる作業ですが、仕上がりイメージとして主題を引き立たせたり、余計なものを除去したりすることを指します。露出としては暗めのアンダー、逆に明るめのオーバーの明暗調整、眠い感じのフラットなものをくっきりとさせるコントラストの強弱、画面が傾いた場合や歪曲した場合の矯正など第三者により効果的に見ていただく作品に仕上げる作業です。
 撮ってしまったものは撮り直すわけにはいきませんね。従って、あるものを最大限見栄えよく加工せざるを得ません。最終的に自分の納得行く作品にまで加工できず、仕上がらない場合はそこでおしまいです。
 そのことを含め、撮った画像データを加工するさまざまな作業は、ただそれで終わりにするのでなく、今後に生かしていただきたい。つまり、露出、左右前後、高い低い、ズーミングでアップもしくはルーズ(ひく)、傾きなどなど加工段階で学んだ作業を撮影の段階で思い出し、シャッターを押していただきたい。せっかく学んだ、加工してみて体得した知識を、撮るときに生かしてもらいたいということです。
 写真を撮るという行為は回りまわっています。写真が上達してゆくには、その繰り返しがあればあるほどいいと確信しております。加工を最初の撮影に生かしましょう。(増田)

石渡写真クラブ月例会(12月)作品&講評

石渡写真クラブ月例会(12月)作品&講評
 あけましておめでとうございます。年があけてしまいましたが、昨年12月の例会作品をお届けします。
 元旦から能登の地震、羽田の飛行機事故とテレビにくぎ付けの年はじめとなりましたが、先の一年はこれからです。せめて明るく、楽しい年にしていきましょう。
 本年もよろしくお願い致します。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【吉田 幹男】「カクタスのへそ曲がり」(自宅)=11月30日
コメント:カクタスが咲く時期になって家に入れたり、移動したりすることでせっかくついた蕾が、昨シーズンはすべて落ちてしまいました。今年は、三つの蕾から一つだけ咲きました。                                                                              講評:貴重な一輪ですね。一生懸命手をかけて咲くのを心待ちにしてきた作者の心情がそのまま写真に現れています。家の中ですが、背景を単純化し花を浮き立たせています。ピントもシャープです。さらに引き立たせるために、色調、トリミングをちょっとだけ加工してみました(写真下)

【宮澤 一成】「晩秋」(善光寺山門)=11月15日
コメント:山門近くのイチョウの木に銀杏を発見、こんな所にあるとは知りませんでした。
講評:山門の東脇にあるトイレ前に確かにありましたが、雌木で銀杏が成るとは私も知りませんでした。長玉(望遠レンズ)でぐっと被写体を引き付け、背景にお堂や灯篭、提灯などを配した点はいい感じです。ややアップ過ぎて窮屈な感じがしなくもないです。もう少し引いても(周りを入れ込む)よかった。

「健やかに」(善光寺)=11月15日
コメント:七五三で訪れた親御さんが手を合わせて、何をお願いしているのかな。
講評:上記使用の望遠レンズのまま、合掌する親子をパチリ。こちらは母親の頭が少しカットされてしまいましが、それが普通のスナップと別の感じで斬新な感じの作品になりました。望遠のため、気づかれずに祈る表情を的確に瞬時に捉えています。

【廣澤 一由】「スキーシーズン近し妙高山」(妙高赤倉温泉)=11月15日
コメント:この時期にしては珍しい日本晴れ!スキー客で賑わうスキー場も、今は草木が目立つ。雪が待ち遠しい妙高山が青空に輝いていた。
講評:暖冬で雪がないスキー場。山頂付近が少しだけ白い妙高山を背景にまとめています。雪不足を暗示するかのような真っ青な空がなんとも皮肉っぽく見えます。

【早川 球喜】「日没」(運動公園)=12月13日
講評:テニスコートの照明塔の彼方に落ち行く太陽を入れ、初冬の街並みの夕暮れ時を表現。目いっぱい明るい太陽とストンと落ちた家並みの暗さの明暗比が極端で露出あんばいが難しいモチーフです。太陽の明るさをほぼそのままに、少しアンダーな家並み部分を明るくし、トリミングをしてみました(写真下)。

【中島 弘】「見守って」(千曲市)=12月8日
コメント:山の中腹の斜面に鎮座する祠とご神木のケヤキが眼下の集落を見守っている様子を撮りました。
講評:長野自動車道姥捨SAがすぐ眼下に見える山側の高台、道路沿いにある祠です。SAで分断されてしまいましたが一帯の集落の人たちの拠り所。アングル的に無理だったかと思いますが、できればその集落を背景に盛り込み関係性が出てくるとよかったかなと思います。

「乱舞は風任せ」(千曲市稲荷山)=12月8日
コメント:間もなく飛散するススキの穂が、風任せの乱舞にワクワクしている様子を撮りました。
講評:逆光に映えて晩秋の情緒たっぷり、素晴らしいですね。左上から右下に斜めに林立するススキの穂が固まった感じから周辺に向かい徐々に少なくなっているバランスも絶妙です。「ワクワクしてるよう」と感じた通り、何かそれぞれの穂一本一本が生きているようにも感じます。

【竹内 一郎】「瘤(こぶ)」(戸隠奥社参道)=8月12日
コメント:八月の作品です。奥社参道を歩いている林の中に瘤がいっぱいある木が目に入りました。人間でいう怪我をした後のかさぶただそうです。人間も年を取るとシミ、いぼなど色々とでますね。この木も長い歳月を経て苦労した木ですね。
講評:ミズナラでしょうか。奥社参道といえば「杉並木」が格好の被写体として登場しますが、面白いところに目を付けましたね。自分の(人間の)姿に比喩し、その生い立ちまでに思いを馳せた視点、着眼点に竹内さんの芸作風を感じます。タイトルもそのまま素直なもので、作品と符合して素敵です。

【高山 三良】「紅葉のトンネル西東」(運動公園)=11月23日
コメント:弓道場に続く木立の歩道があります。行くときは東から、帰りは西から。
講評:左は弓道場へ向かう東からの木立。反対に西から撮ったものが右。小生のウオーキングコースでもあり親しみがあります。太陽と月、陰と陽、男と女、雄と雌、黒と白、高い低い・・・。世の中、相反するものがたくさんありますが、そんな物だけを狙ってみるとか、組み写真でまとめてみると存外面白いかもと思います。

「難を転じて」(自宅)=12月14日
コメント:お正月飾りには欠かせない南天、赤い実がたわわにつきました。
講評:雪で一面真っ白の世界ですと餌不足から、ヒヨドリなどの格好の餌となりますが、近年はあちこちで、思わぬ場所でよく見かけるようになった樹木の一つです。ヒヨドリがよく飛来する周辺で排泄された実が発芽、増え続けているものです。

【倉澤 利和】「寂しげなトナカイ」(FICT(旧富士通長野工場)工場=12月15日
コメント:旧富士通長野工場前芝生広場で毎年クリスマスイルミネーションが点灯されていました。今年は会社の社名も替わり、規模も縮小されておこなわれていました。慣れ親しんだ富士通の名前が消え、寂しい気がします。
講評:身近なところの変化に関心を持ち、それをとどめておく。これも確かな歴史を刻む写真としての大切な役割です。いつだったっけ?時がたつほどに忘れ、曖昧になる事実が写真とともに確かなものとしてよみがえります。作品としては「きれいなイルミネーション」として終わってしまいますが、写真の持つ特性を持った一枚です。

「冬を待つ長野市」(須坂市百々川河川敷)=12月8日
コメント:久々の暖かい日、久しぶりにカメラを持ち出かけました。雪をかぶった飯縄山が見られると思いましたが、残念ながらまだ雪の風景がみえませんでした。吉田地籍のアクアウイングが見えましたのでシャツターをおしました。  
講評:わが石渡区にもお馴染みのアクアウイングが中央に、その手前は上記作品の旧富士通長野でしょうか。望遠レンズの“ひきつけ(圧縮)効果”で、遠く須坂市からでもすぐそこに見える、不思議な写真になりました。さらに遠く、上部に見える白い山は北ア?早朝だと朝焼けとか、午前中ならもっとクリアに出てきます。

                          (了)

 

 

石渡写真クラブ月例会(11月)作品&講評

石渡写真クラブ月例会(11月)作品&講評
 今年もあとわずか。運動公園のケヤキの葉もすっかり落ち、日も短くなりました。
 文化祭直後の例会(11月9日)に持ち寄られた作品ですが、石渡つうしんに掲載するまでの処理がパソコンの不調により遅れてしまいました。ご容赦ください。
 地球温暖化の影響か今年は暑い1年でしたが、そうは言っても外はどことなく寒くなってきたこの頃。作品は、ほとんどが秋たけなわの彩り豊かな作品ばかりですが、ご覧の皆様は少し時をさかのぼりご鑑賞ください。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【倉澤  利和】

「揺れる」(志賀高原)=10月19日
コメント:石渡長寿会に参加しホテルの運転手兼ガイドさんから紅葉スポットを案内して頂きました。紅葉も見事でしたが、池に映った白樺が綺麗でしたので、シャッターを押しました。
講評:水鏡に投影する景色が風を受けて波立つ。揺れる。この景色の前に立つと、目には湖畔(池畔)上部の本物のシラカバに目が行き(脳裏に焼き付き)、水面に映じる揺れる景色は残像として残りません。つまり、残らない光景を止めて見せる写真ならではの世界。こうして作品化すると、止まった写真から不思議な世界がじっくりと鑑賞でき、別の世界へと誘われます。タイトルとともに良いところに目を付けました。

「こちらの水は甘いぞ」(自宅)=10月22日
コメント:近くに蜜を採取しているお宅があり、毎日数匹で水を飲みにきています。余程私の家の水がうまいのか?
講評:それは、うまいから来るのでしょうね。いい素材を見つけました。画面の中ににぎやかにミツバチを入れてまとめるには大変です。動きを止めるために高速シャッターは必須、アップで撮るには望遠レンズかマイクロレンズ・・・。画面右側にハチがいっぱいいたので、大胆にトリミングしてみました=写真下。まあ、この手の撮影に当たっては、動きが速いのでこの位の画角でとにかくシャッターを押しまくり、後でにぎやかな部分を切り取る(トリミング)方法がベターでしょう。

【高山 三良】

「秋景色」(飯山=小菅と神戸)=11月4日
コメント:大根や稲の取入れが行われていました。お寺の鐘楼にも大根が。神戸の大イチョウは緑のまま。境内先では稲こきが終わって籾焼きの煙が風情を醸し出していました。
講評:晩秋、冬支度の北信濃を二枚組みでまとめました。それぞれ、ダイコン干し、もみ殻焼きをモチーフに、鐘楼や田園を絡め風情たっぷりに表現できました。冬に備える人々の営々と続けられている生活感が記録されています。
「小菅の紅葉」(小菅山)=11月4日
コメント:山全体が紅葉して次から次と絶景が現れました。
講評:中央部分がやや明るめで周辺光量の落ちた右や下などの中でぽっと浮かび上がって光のシンフォニーとでもいいましょうか、グラデーション効果がでました。また、左にどんと配置したブナの木もアクセントになり、中央上に画面全体が収れんしている点もダイナミックです

【竹内 一郎】

「頂きはるか向こう」(飯縄山)=9月10日
コメント:飯縄山にチャレンジしましたが9合目でリタイア、一日がかりの登山となりました。せめて頂上の写真を収めることにと思いシャッターを切りました。偶然向こうから帰る登山者を入れてみました。
講評:登山道脇に茂る笹がボリューム感を持って迫ってきます。点景に登山者を画面に入れた努力がいいです。ストックを前に、右足を出し躍動感があり息遣いが感じられるようです。背景の左にあるシラカバの木1本、向こうに登頂ならなかった飯縄山、雲と青空がいい配置です。

【中島 弘】

「渓谷の彩り」(大町市高瀬渓谷)=10月31日
コメント:渓谷のエメラルドグリーンと紅葉のコントラストを撮ってみました。
講評:この作品も微妙な太陽光線の陰影により変化付けができた作品となりました。右側にある赤、黄などの紅葉が光に映え、左下の乳白色の渓谷の水辺も日なたと陰が織りなし、リズム感を生み出しています。
「寺の秋」(大町市霊松寺)=10月31日
コメント:小春日和の柔らかい光を表現してみました。
講評:大胆に寺の屋根を斜めに配置、それになびくように左下から屋根に向かってこれまた斜めに立ち上る紅葉の木々。斜め構図を効果的に取り入れ成功した一作です。

【廣澤 一由】

「もみじトンネル華やかに」(もみじ湖=箕輪ダム)=10月27日
コメント:箕輪ダム建設後から地元有志で植え育てたもみじが12,000本を超えたとのこと、もみじ山と言えるほど、秋は華やかな彩りを見せてくれる。
講評:同じ赤でも微妙に右上の紅葉と左側群落の色が違って見え不思議ですね。中央下に見えるトンネルから抜け出た場所ですが、散策の人たちとの対比で紅葉の樹木のスケールが分かり圧巻です。
「淡い秋の静寂」(伊那市仲仙寺=信濃三十三札所22番)=10月27日
コメント:寺院が周囲の静かな風景に溶け込んで、歴史ある古い建造物を見ると、遠い昔を思い出し歴史観を漂わせる。
講評:やや紅葉のタイミングが早め?でしたか、緑との交じりが面白い感じですが、もう少し赤が欲しかったですね。樹木の配列、背景のお堂ともに静かなたたずまいを感じさせてくれるアングルです。

【宮澤 一成】

「逆さ」(妙高市いもり池)=10月31日
コメント:池に映った妙高山だけを撮影してみました。
講評:この作品も、倉澤さんの「揺れる」と同じで水面に投影したものを撮影したものです。水面が風で揺れる、逆に静止している、どちらにするかで印象はがらりと変わります。が、もっと山が画面の中にいっぱいになるとよかったと思いますが、さまざまな条件があり無理だったとか・・・。下のスイレンは少なめで、もっと山麓の紅葉が入るとよかったです。
「紅葉狩り」(妙高市いもり池)=10月31日
コメント:平日にもかかわらず、大勢の人たちが散策に来ていました。
講評:大勢でにぎやかですね。左の紅葉を撮影中の女性のアクションがいいシャッターチャンスですが、右手前にいる女性の後ろ姿が苦になるといえば苦になります。写真は一瞬なので、後ろ姿でなくなると、撮影の女性の動きがなくなる。難しいですね。それだけにうまくいったときは「やったね!」となります。写真って面白いゆえんです。

【吉田 幹男】

「真っ赤だな」(アクアウイング駐車場脇)=11月9日
コメント:陽が当たり真っ赤に色づいた紅葉に引き寄せられて撮りました。                      
講評:大胆に「これでもか!」と自分の受けた印象を素直に表現できたと思います。ただ欲を言えば、ちらりと左下の抜けた空間に、運動公園の建物か何かが垣間見えるとよかったと思います。それか、紅葉の赤は存在感が十分あるので、やや立ち位置を引き気味にして、木の幹を入れ、周辺の雰囲気を盛り込むという方法もあったかと・・・。

石渡写真クラブ月例会(10月)作品&講評=文化祭出品作品

石渡写真クラブ月例会(10月)作品&講評
   区公民館で4日、5日と区の文化祭が行われ、石渡写真クラブからは10人の会員が2点ずつ計20点の作品を展示しました。ほとんどの作品がこの一年間、月一回の例会に持ち寄りお互いにいい所、悪い所?を学び、技術向上に役立てた作品、もしくは類似作品です。
 従って、本人のコメント、講評はだぶりますので割愛し、作品と過去の掲載月のみとさせていただきました。過去の講評をご覧いただくには、この石渡つうしんのトップページの左側にある「公民館」の最下部にある「写真クラブ」にカーソルを持ってゆくとバナーが右側に表示、その一番下の「月例会一覧」をたどってゆくと見ることができます。
 よろしくお願いします。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【吉田幹男】

「野尻湖と妙高山」(野尻湖)=10月18日
コメント:今年の野尻湖は、雨量が少なかったせいで岸辺に降りて、弁天島や外人別荘から湖面に浮かぶボート、妙高山を撮ることができました。                       
講評:さりげないショットですが、露出した岸辺が酷暑、少雨の今年の特徴を捉え貴重な記録写真となりました。撮影したころは本来なら妙高山山頂にはうっすらと白いものが写っているはずですが、まだですね。ひしひしと迫っている地球温暖化の一端も写し込んでいます。
「小さな幸せ」(自宅)=令和5年5月例会出品作品

【宮澤一成】

「威風凛々」(飯山市神戸)=令和4年12月例会出品作品
「三点倒立」(飯山市北竜湖)=令和5年8月例会出品作品

【広澤一由】

「紫陽花に囲まれて」(飯山市戸狩・高源院)=令和5年7月例会出品作品
「夏空と緑の高原」(霧ヶ峰高原)=令和5年8月例会に出品の「思い出すWindows?」と同類作品

【早川球喜】

「我がふるさと」(飯綱町小玉)=10月20日
コメント:我がふるさとは、飯縄町小玉と言うところにあります。集落の中を北國街道が貫いています。明治天皇も全国行脚したときに通っています。休まれたという記念碑が山中にあります。(このコメントは写真には関係ありません悪しからず)。
講評:背景のそびえ立つ山は黒姫山でしょうか。山ろくに集落が見え、日本の代表的な里山を見ている気がします。作者のふるさと、生まれ育ったところとのことですが、そこに寄せる思いが盛り込まれているように感じます。
「藤に憩う」(長野市若穂綿内見晴らし公園)=令和5年5月例会に類似作品として「色鮮やかな花の競演」出品

【中島弘】

「静寂の癒し」(上田市安楽寺)=令和5年9月例会出品作品
「涼を求めて」(新潟県妙高市苗名の滝)=令和5年8月例会出品作品

【竹内一郎】

「蒼い・紅い・白い」(雲上殿)=令和5年4月例会、タイトルは「雪模様」として出品の作品
「夏祭り」(朝陽夏祭り会場)=令和5年8月例会、タイトルは「ボンボン」として出品の作品

【高山三良】

「あかり」(長野運動公園)=令和5年3月例会出品作品
「静・物」(自宅)
講評:切り株でしょうか。そこに木の実が2つ。長い間生きてきて今は眠りについた古株と今年も子孫繁栄のためできた実、新旧を組み合わせることで生命のつながり、大切さを訴えている感じがします。

【倉澤利和】

「乗れるかな?」(高山村破風岳毛無峠)=令和4年9月例会に類似作品として「トレッキングには最高の破風岳(1,999㍍)」
「脱走」(自宅)=令和5年6月例会出品作品

【増田今雄】

「威風堂々」(木島平村カヤの平)                   カヤの平牧場からドブ池湿原に至るシラカバやブナ林の散策道で見つけたブナの木です。本来、ブナの木は太くて平面的な幹、すっと真上に伸びる性質の樹木ですが、どういった理由でこうなるのか、なったのか分かりません。ごつごつとコブコブいっぱいのブナの木が道沿いにあり、20㎜の超広角レンズで真下まで迫り見上げてパチリです。
「抜けて満開」(石渡コロボックル前)
 園芸店「コロボックル」の道路脇のサツキの街路樹。黄黒模様のものは電柱を保持する支線につた類が這い上るのを防止するプラスチック製のガードですが、途中に何らかの理由で穴が開き、その一条の光を求めて下にあるサツキの枝が円筒の中で伸び、到達した穴から抜けて花を咲かせました。以前、会員の広澤一由さんが撮影したのをヒントに、昨年春一斉に20輪を越す花が見事でしたので撮ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

石渡写真クラブ月例会(9月)作品&講評

石渡写真クラブ月例会(9月)作品&講評
 記録的な猛暑から一転、秋を通過して冬が到来?もう紅葉は見られないのではと思案しましたが、長野運動公園のケヤキ並木も心なしか染まり始めました。
 9月の例会、石渡つうしんにアップするのが遅れましたが、会員一同、夏の想い出から「秋」を感じさせてくれる作品が並びました。ご覧ください。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【倉澤 利和】

「素晴らしき眺め」(室堂ターミナル)=8月21日
コメント:朝4:30に石渡出発、扇沢駅よりトロリーバス・ケーブルカーに乗り継ぎ9時前に室堂平に付き立山連峰雄山・大汝山を目ざして登山を開始しました。雄山山頂(3,003m)にある雄山神社で石渡区の発展と区民の皆さん・家族の健康をお祈りしました。
講評:「トンネルを抜けると室堂だった」。黒部アルペンルート経由で立山三山を縦走とのことですが、この写真はその前か後かですが、見上げるようにそびえ立つ勇壮な三山が雄大です。また、右は駅ターミナルでしょうかこの光景を楽しむ人たちでにぎわう公園を手前に盛り込み、山岳観光の一端を垣間見ることができます。
「楽しい!」(城山公園)=5月4日
コメント:猛暑が続く毎日ですが、長野県立美術館屋上から撮りました。噴水で遊ぶ子供達の姿が楽しそうだったのでスマホで撮りました。
講評:いっぱいの子どもや家族が噴水で涼をとる。肖像権を意識してか、ほとんどの人の顔が見えません。本来なら、嬉々として水と親しむ人たちの表情を狙って表現するのが常套手段ですが、その真逆をいった作品で、その点が面白くユニーク。何か物言わぬ群像が何かを物語っているようです。画面が少し傾いているのも、本来なら矯正すべきですが、先の物語性を助長しているようでもあります。

【高山 三良】 

「環水平アーク」(自宅)=8月13日
コメント: 「上空の薄雲を構成する氷の粒が太陽の光を屈折させることで現れる大気光学現象」。午後4時半ころに雲の形(写真左)にアレッ?虹のような色が着きました。30分間のショウでした。
講評:写真ってまず被写体の発見から始まります。目の前で展開することもあれば、撮影会や登山、行楽などで必死に「絵になるものはないか?」と探すこともあります。発見の次は、それをどうやって作品にするべくカメラに収めるかです。レンズ、角度、露出、シャッターチャンスなどなど“機械”と格闘し、シャッターを押します。この作品はわずかに色づいたものに気付き、刻一刻と変化する様を捉え、アップ、ロングの3枚で分かりやすくまとめました。
「マクロレンズ買いました」(自宅ほか)=8月22日
コメント:マクロは撮影スタイルが変わります。純正レンズでないためピント合わせは手動、ズームなしだから自分で移動。三脚も必要となります。何でもないモノが被写体になります。
講評:「何でもないものが被写体に」という通りで、写真は「切り取り」でもあります。そこを端的に表現しやすいレンズがマクロレンズ(メーカーによりマイクロレンズ)といえます。通常のレンズには近づけるぎりぎりの距離「最短距離」があります。いくら近づいても、それ以上は近づけずクローズアップができません。その点、このレンズはぐんぐんと近づけます(このレンズにも最短距離なるもがあり、それ以上は近づけません)。すると、自分の意に沿った画角いっぱいにアップの被写体が写り、なお背景がぼけるという特性を持ったレンズです。そういうことを踏まえ、もう一度作品をよくご覧ください。

【竹内 一郎】

「もう山は秋」(白駒の池)=8月12日
コメント:想い出の湖畔を求め一路白駒の池へ。標高2,000メーターはさすがに涼しい。紅葉は早いが夏の湖畔は一杯、トンボ(アオモンイトトンボ?)が日向ぼっこしているようで。もう秋なんだなー。(トンボは秋のイメージ)
講評:撮影は8月で下界は猛暑たけなわの頃。このころ涼しい高山ではトンボが避暑中です。里が涼しくなるにつれ山から降下する習性を持ちますが、里に群れる季節が早くも山の上で見られ、「もう秋だなあ」という竹内さんの感慨が伝わってきます。3匹のトンボが岩の上に静止、望遠レンズで的確に捉えました。望遠特製の背景のぼけ具合もトンボを引き立ています。

【中島 弘】

「静寂の癒し」(上田市安楽寺)=828
コメント:バイクツーリングで上田の安楽寺を訪れました。静寂な境内で葉を透かす柔らかい光に癒され、非日常の中に身を置くことの大切さを痛感しました。
講評:写真表現の効果的なアイテムの一つが光線です。順光、斜光、逆光などありますが、この作品はカエデの葉を逆光で捉え、背景を黒バックにして引き立てています。プラス、葉の光の当たり具合の濃淡がリズム感を生みだし味わい深さが増しました。木の枝が山脈や大河、日本地図のような造形も面白いですね。

【早川 球喜】

「収穫の秋」(飯山市安田地区)=9月14日
コメント:秋色を探しに出かけました。飯山で一面に黄金(こがね)色に色づいた田圃に出会いました。もう、ちらほらと稲刈りを終えた田圃もありました。
講評:平地に広がる田んぼに一面の稲の葉。あれっ?稲穂はとよく見れば左下に垂れたものが・・・。暑さで実りすぎて垂れ下がったのか分かりませんが、トンボの カップルが2組、アクセントを添え秋色満杯です。背景の向こう、里の集落がいい感じです。

【廣澤 一由】

「蓮華のラストステージ」((別所温泉安楽寺)=8月28日
コメント:蓮池に純白に咲いた花が終わろうとしている。既に中心に蜂の巣のような花托(かたく)の準備がされている。植物の営みが進んでいる。早く涼しい秋の訪れを願う!
講評:周りの花はほとんど見えず、一輪だけ 盛りを過ぎ散りぎわ寸前の花、花托も見えます。中央にどんと配した「日の丸構図」が奏功、悠久の時の流れ、繰り返される生物の営みに悠久の時の流れ、運命的。哲学的な雰囲気を感じさせてくれます。
「涼しい参道に立並ぶ7地蔵」(別所温泉安楽寺)=8月28日
コメント:国宝八角三重塔を目指す参道に、静かにたたずむ7体の地蔵、涼しそうに参拝者を見守っていた。
講評:ややローアングルで、お地蔵さんを見上げる感じが背景の木立の環境とともに静かにたたずむ様子を表現しています。ただ、お地蔵さんの下が切れてしまい中途半端な感じがします。もう少し下がるか、さらにローアングルで狙うか、お地蔵さんは少し小さくても存在感たっぷりの被写体ですので足元まで入れるともっと雰囲気が出たのではと思います。

【宮澤 一成】

「渋滞」(戸隠神社奥社)=8月12日
コメント:お盆直前に戸隠神社奥社へ参拝に行って来ました。連休ともあって参拝者が大勢。参拝までに2時間かかりました。
講評:猛暑を避けて涼しい高原の神社が込み合う様子。神社拝殿まで並ぶ行列がジグザグに、渋滞。よく見るとZ字状の列が一旦木の葉に隠れ、また見える感じが一層込み合っている感じを助長しています。
「除草は任せろ」(長野市小島)= 8月18日
コメント:稲穂が出始めるころ、カルガモ達が水草をついばんでいる様子を撮影しました。           
講評:水田の除草といえばアイガモ農法がはやりましたが、これはカルガモですね。右下の一株の稲が画面全体にアクセントを添えています。が、ここにフォーカスがきていて、主題のカルガモがややピン甘なのが惜しまれます。

【吉田 幹男】

「未熟なシャンデリア」(自宅)=9月10日
コメント:「木立ベコニア」好きな花が咲いた。育て方が悪く、7月下旬から咲き始めた花は枝分かれして釣りがねのように垂れ下がり姿がシャンデリアに例えられます。花も双葉から最後は釣りがねの様になりますが、小ぶりです。残念。                                       
講評:斑点のある大きな葉の間からちょこんと顔をのぞかせた薄いピンク色の花が印象的です。室内の雰囲気が左右の写り込みから推察できますが、こんなにも必要なく、主題のシャンデリアを引き立たせるには少しカット、色調もやや加工してみました=写真下。

石渡写真クラブ月例会(8月)作品&講評

石渡写真クラブ月例会(8月)作品&講評
 異常な暑さが続きますが、このところ朝夕は心なしか涼しくなり虫の声も。スーパームーンも雲間から見え隠れ、秋本番までもう一歩と言うところです。
 先月末までに、県内の写真コンテストの中でトップレベルの第73回写真県展、第28回信州写真展の審査が終わり、間もなく展覧会も開かれます。追い打ちをかけるように、各クラブの展示会も次々と開かれます。ぜひ会場に足を運び観賞、参考にしてください。撮る人も、撮らない方も、さまざまなシーンに出合えることが出来ます。写真は見るだけでも楽しいです。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【吉田 幹男】

「飯綱の里山」(飯綱町)=8月3日
コメント:飯綱町のそば店の駐車場から日が差していた南東の方向を撮影しました。奥の志賀の山並みと手前の里山の緑を狙いました。                                          
講評:田園地帯が広がり集落が点在する、日本のどこにでもある里山の光景。雑木が茂る丘陵をはさんだ向こうの山との間には同じ光景があるのではと連想させてくれます。営々と神代の昔から続いてきた人々の暮らしに想いを馳せシャッターを押した作者の思いが汲み取れます。

【宮澤 一成】

「涼花」(いもり池妙高)=8月4日
コメント:猛暑の中、水面に咲いている真っ白な睡蓮の花がちょっと涼しげに思えたので撮影しました。           
講評:3枚の葉が三角構図で並び、左上から水中に伸びた赤い茎とその上に白い花。思い切った切り取りがいいいです。涼感を誘います。水面にコイかなんかが顔を出しているとか葉の上にカエルかなんかがいれば最高!ちなみにハスとスイレン、ヒツジグサの違いは?ハスは木島平村稲泉寺のハスのように、水面から茎が立ち上り、その頂点に花があります。スイレンは水面に花があり茎は水中にあり、花の色はさまざまあります。その仲間のひとつがヒツジグサで花の色は白です。
「三点倒立」(飯山市北竜湖)=8月4日
コメント:学生たちが湖面に大きなボードを浮かべ、その上で色々なパフォーマンスをするウォータースポーツをしていたので、珍しく思い撮影しました。
講評:倒立している人物に左のボートの全員の目線が集中。そうかと思うと、右のボートではぐったりとした人物がいたりアンバランスな動きが左とは対照的。水面に仰向けに浮かぶ人がその仲介役となり、シンプルな背景も主題をぐんと引き立てています。

【廣澤 一由】

「山上テラスから」(車山頂上)=7月25日
コメント:車山にも山上テラスが出来て、高校生らしき集団が大勢で、爽やかな風に吹かれて山上での空気を満喫していた。
講評: 山岳地帯のあちこちにお目見えのテラスが流行です。個人的には、人工物をなるべく自然の中に登場させないのが望ましい心情ではありますが、テラスから霧ヶ峰の丘陵地帯、さらに向こうの八ヶ岳連山、雲たなびく空と順を追って遠近感がたっぷりの作品。高原の爽やかな風を感じます。

「思い出すWindows?」(車山)=7月25日
コメント:草原と青い空と白い雲、初めて出会ったPCWindowsを思い出すような景色にシャッターを切る。
講評:パソコンでは、よく「壁紙」写真とも呼びますが、色彩が豊富だったり珍しかったり、場所や被写体の形がユニークだったり・・・。そんなイメージと自分の感覚がうまくかみ合った瞬間に出合え、切り取った作品かと思います。写真とは、まず何を感じ、それを残したいと思うかどうかが一歩です。その感度を磨き高めるために、できるだけさまざまなシーンに出合う(体験する)こと、追体験できる作品を多く見ること(展示会など)かと思います。以前触れました「目を肥やす」ことが大切です。

【早川 球喜】

「夕陽との競演」(石渡の自宅)=8月6日
コメント:夕方、ふと家の窓から外を見ると、黒い雲の中から突然炎が現れた様な夕陽に思わず1枚。
講評:今年は雨が降らず、夕暮れ時に東の空に残った入道雲が夕焼けに染まり奇妙な光景が出現しています。この作品は、まさに夕陽を浴びた雲のひとコマで、雄大な自然現象の瞬間を捉えています。前述のピンク色に染まる入道雲と類似の現象として、日が沈む時間帯に東の山上に横長にピンク色の帯ができることがあり、「ビーナスベルト」というそうです。日の出、日没の前後、それぞれ40分ほどは刻一刻と光が変化し「マジックアワー」と言われます。一番写真になる時間帯です。

【中島 弘】

「霊山のご来光」(石川県白山山頂)=7月24日
コメント:日本三大霊山の白山のご来光見るため、夜明け前に山頂を目指し、雲の合間からご来光を捉えることができました。
講評:何度見てもいいものですね。ご来光。神秘的、宇宙的な一瞬を求めて足を運んだ甲斐がありました。しかも、たなびく雲も味方し付加価値がぐんと上がりました。ご来光の自然と手前にお仲間さんの姿を配し、人と自然をコラボした点はいいですが、ややアンダー気味でよく分かりにくいのが気になります。その分、向こうの景色に目が行きやすいかも知れませんが・・・。少し、加工の中の「シャドー部のみを明るく」するファンクションで調整してみました(写真下)。見比べてみてください。

「涼を求めて」(新潟県苗名の滝)=8月2日
コメント:落差55mの滝は水量も多く迫力があり、猛暑を忘れる清涼感がありました。RAWデータの現像で滝を強調するよう背景を暗くしてみました。
講評:こちらは、手前の部分はややアンダー気味ですが、ほどよく出て(つぶれず)いい感じかと思います。背景を暗くして流れ落ちる水を強調、自分のイメージに近づける撮影、加工が功を奏しました。水の流れを止め、それぞれの水の塊の姿が見え、見た目(肉眼)では絶対に見ることのできない写真ならではの世界(表現)となりました。ちなみにファイル情報から、撮影データは、640分の1、絞り14、ISO400、焦点距離85㎜でした。

【竹内 一郎】

「ボンボン」(朝陽夏祭り)=7月29日
コメント:4年ぶりに開催となりました朝陽夏祭り。めったに行くことがありませんでしたが、孫と一緒に出かけました。大変な込み具合で楽しんできました。
講評:ボンボンは釣り上げるのでしょうか?周りを囲んだ子どもたちや親御さんたちでにぎやかな雰囲気がややハイアングルから表現できました。いつの時代も、もらったお小遣いで夜店の綿あめや金魚すくいなどに興じる子どもたちの姿は変わりませんね。今もって続くお祭りのシーンを普遍的に記録した報道写真となりました。

【高山 三良】

「月と百日紅」(自宅)=8月5日
コメント:月と百日紅を一緒に撮るのが難しく、位置関係をいろいろ変えて撮りました。彩りを添えた感じに。
講評:月、約38万㌔彼方の物体と目の前の物を合体、一枚の中に収めることは確かに難しいですね。でも、何とかこの距離感を克服して表現してみようという努力が素晴らしいです。超望遠で小さい月を大きめに、ぼけてはいますがサルスベリのピンク色、空のブルー、色、構図ともどもシンプルにまとめました。
「もう秋」(屋島河川敷)=8月8日
コメント:朝6時から菊芋畑の草取りです。自宅付近からは見られない景色でした。もう秋、まだ暑いけど。
講評:朝夕は少し涼しくなってきましたが、いつまでも暑い今年の夏。しかし、この酷暑も過ぎる9月末ころには標高の高い山の上から紅葉が始まります。待たずして、空の雲も入道雲から秋を代表するイワシ雲(ウロコ雲)が時折顔を見せ、秋到来を告げてくれます。暑さの中、すでに秋模様の上空の雲をすかさず捉えています。

石渡写真クラブ月例会(7月)作品&講評

石渡写真クラブ月例会(7月)作品&講評
 梅雨があけました。コロナも5類に移行し、世の中も石渡の催事なども元に戻りつつあります。
 まだ感染が完全になくなったわけではありません。細心の注意を払いながら、作品作りに励みましょう。
 盆過ぎには、高山では秋の気配がじわじわと忍び寄ってきます。雲や花など夏と秋が同居したショットもいいかも知れません。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【倉澤利和】

「面影」(しなのかわだ駅)=7月13日
コメント:71人/日あった乗車人員。平成2441日長野電鉄屋代線廃止により廃駅になった信濃川田駅 かってあった車輛も撤去され寂しくなっていました。*町の役員さんが夏祭りの準備をしていました。
講評:ほぼ同じ立ち位置で角度を変えた2枚。「どっちがいいか?」と両方出品されましたが、ホームと線路が奥に向かって延びる方(上)が遠近感があっていいかなと思います。人物がいますが、どちらも分かりにくく残念です。こういう素材こそ組み写真の登場です。この作品のほか、草ぼうぼうの中のさび付いた線路、夏祭りの準備をする地元の人、表玄関で今もかつての利用客を運ぶバスなど場面転換を考えて撮影、4~5枚でまとめます。一枚の中に入れ込む作業はとても 大変ですが、自分の表現したいものに取り組むことは楽しいものです。

【高山三良】

「お出迎え」(飯山市戸狩・高源院)=7月7日
コメント:あじさい寺と呼ばれる戸狩高源院、青い紫陽花と赤い帽子のお地蔵さまが出迎えてくださいました。ぽっくり観音にもお参りしてきました。お賽銭も。(組み写真)
講評:私もかつてカルチャーセンター「たのしい写真教室」の撮影会で訪れたことがあり、思い出深い六地蔵。作品を見た瞬間、「あれっ、こんな花(手前)あったっけ」、「高山さん、何という花?」。お地蔵さんとの境に気が付かないまま講評を続けるうちに提出の説明を読むことを促されました。その末尾に(組み写真)とあり、それまで1枚の単写真と思っていたのが覆り、すっかり“だまされました”。組む場合は、複数の作品の間に線(太さ、色などを考慮)、もしくは間隙をと提唱していますが、この手の手法もありかなと思います。
「カルガモ」(南八幡川)=6月23日
コメント:最初は子供たちだけでした。こちらが右に行くと左に、左に行くと右に向きを変えていました。親が来てからは後にくっついて安心顔。
講評:こちらも組み写真ですが、上と下に白い線があり明らかに分かります。そして、被写体の上の子ガモは右上から左下に斜めの線上に浮かび同じ顔の向きが面白く、逆に下は親の顔を頂点に左上と左下に描かれる三角形構図でまとめ、やはり同方向へ向かってゆく感じが動感を出しています。逃げるカモたちを粘り強く追いかけた労作です。

【中島弘】

「梅雨の賑わい」(安曇野市明科あやめ公園)=6月16日
コメント:明科のあやめ公園のハナショウブが見頃との報道があったので行ってきました。一時は連作障害で衰退した株が保存会の努力で復活したとのことです。
講評: こちらも「どっちがいいか?」。どちらもいいです。手前に紫色がある作品(上)は、向こうの散策道で花を楽しむ人たちまでフォーカスが合い、あやめ公園の全体がよく分かります。一方、薄紫色が混じった花の方の作品は、ハナショウブだけにピントが合い、向こうの花見客や東屋などはぼけてよく分かりません。どちらかというと主題の花だけに焦点が絞られた感じの作品ですね。従って、タイトルにあるように「賑わい」という視点から選ぶと、紫色の花と向こうの花見客がよく分かる方の作品に軍配が・・・。
「龍と紫陽花」(飯山市高源院=アジサイ寺)=7月7日
コメント:バイクツーリングの仲間と訪れました。ちょうど見頃で訪問客もまばらな境内でアジサイを楽しみました。本堂の前に設置してある龍の口から流れる清水を受けるアジサイに猛暑の中の涼を感じました。
講評:手水鉢といっていいかどうか、水を吐き出す龍と水を受けるアジサイの花が一服の清涼剤となりました。左のひしゃくは、この場の雰囲気を盛り立てていますが、花の周りの水空間がやや少なめ?か分かりにくい感じがします。

【早川球喜】

「梅雨間の牧場」(山田牧場)=7月13日
コメント:誰もいない牧場。放牧牛が思い思いに草を食べています。ここでは、時がゆっくりと流れているようです。
講評:樹林を切り開いたゲレンデの牧草地 。別名、冬季は「山田温泉スキー場」。上から下へ続くスロープの中で、のんびりと草をはむ牛たちがバランスよく点在した瞬間を捉えました。できれば上部の空の部分がやや少なめで中途半端です。曇り空なので、あまり入れる必要はありませんが、もう少し。

【広澤一由】

「紫陽花に囲まれて」(飯山市戸狩・高源院=アジサイ寺)=7月7日
コメント:寺院全体が紫陽花に囲まれ、参道脇のお地蔵さんも紫陽花に囲まれて参拝者を見守っていました。長い歴史をしみじみと感じました。
講評:前述の通り私たちが行ったときはアジサイの花がこの数倍以上あり、お地蔵さんの頭や肩に垂れ下がるようににぎやかでした。左にある石段が存在感はあるもののやや寂し気で、花見客の人物の往来を点景に入れたかったですね。
「ミツバチの朝食」(自宅庭)=6月6日
コメント:ムラサキツユクサの花びらに取り付き、花密と花粉(花粉団子の元)を無心に採取しているミツバチに遭遇し、興味深く観察できた!
講評:無心に吸蜜しているためか、近づいても逃げないミツバチを見事に捉えました。敏感なチョウやトンボ、危険なハチなどはマクロレンズでも望遠マクロレンズ(ニッコールマクロ200㎜)で撮らないといけませんが、この作品はスマホの撮影とのこと。クローズアップに強いスマホならではの写真となりました。ただ、画素数(ピクセル寸法の容量)が多めでないと、四つ切りクラス以上の大伸ばしにすると粒子が目立ちます。撮影段階で容量を多く設定して撮るか、加工段階で少し容量を増やしてプリントするとよいでしょう。

【宮澤一成】

「雨上り」(長谷観音=篠ノ井)=6月29日
コメント:雨降りの中で撮影したかったのですが、雨が止んでしまいました。 雨上がりの感じが分かりますでしょうか。
講評:左下の葉の上にあるしずくから推察できますが、感じとしては「雨上り」のイメージはないですね(失礼)。日が差しているのかアジサイの花が明るいせいでしょうか。大胆に望遠レンズで切り取り、背景の山門でしょうかぼけ気味ながら環境も盛り込めています。どこかにカタツムリでもいると最高でーす。
「蜂+ONE」(長谷観音=篠ノ井)=6月29日
コメント:百合の花と蜂を撮影したら、もう一匹昆虫がいました。
講評:いました。やや左下の葉の上にテントウムシかと思いますが。ファイル情報によると、2000分の一秒という超高速のシャッタースピードで蜜を求めてやってきたミツバチをしっかりと止めて捉えています。もう一匹が、このハチとほぼ同じ場所に位置するともっとよかったですね。

【吉田幹男】

「溢れる白」(自宅庭)=6月20日
コメント:奥にアナベルを手前にノリウツギの花を入れて撮りました。
講評:いずれも白色の花とほかの植栽の葉のグリーン、2色でシンプルにまとめています。花でも何でもそうですが、「白」色は晴れた太陽光を光源に撮影すると、「白飛び」といって周りのものよりさらに真っ白に写りすぎてしまいます。露出を加減する方法もありますが、むしろ曇天や雨降りの下での撮影をお勧めします。白花のデティール(詳細)がきれいに写るはずです。

 

石渡写真クラブ月例会(6月)作品&講評

石渡写真クラブ月例会(6月)作品&講評
 梅雨の晴れ間、しとしと雨が交互にやってきます。この時季ならではの被写体が花を中心に多くあります。リュウキンカはもう終わりでしょうか、まだ間に合う高原のレンゲツツジ、アジサイ、蓮、ニッコウキスゲなどなど。湖沼や高原で、水やカエル、トンボなどの動物、行楽客などの点景を工夫して撮ってみましょう。図鑑的、観光パンフレット的な写真から一歩抜け出る作品作りを。

 講評はクラブ員で講師の増田今雄さん(5常会)です。
 写真をクリックすると拡大して見えます。

【宮澤一成】

「整然と」(安曇野)=5月24日
コメント:安曇野は、県内でも田植えの早いことで有名ですが、初めて行ったので撮影場所を見つけるのが大変でした。
講評:安曇野といっても広うござんして・・・。穂高や豊科かいわいを散策するとより取り見取り、たくさんの適地があります。有名な場所としては大王わさび農場周辺ですが、どこにでもスポットがあります。わさび田や道祖神などを絡めたりするとご当地の特徴が出ます。作品は上部真ん中を起点に手前に広がりを見せる放射線構図で、田んぼの苗がいい感じで表現できました。残雪を抱いた北アルプスも効果的です。
「新緑の壁」(長野市大座法師池)=6月4日
コメント:石渡公民館の春レクに参加させて頂きました。新緑を撮影したいと思っていたところ、空に飛行機雲が現れたのでシャッターを切りました。
講評:もこもこと新緑の葉を伸ばした木々、そして青空にひと筋の飛行機雲。右には小さめですが雲がアクセントとなり初夏の高原の装いが表現できました。やや左下がりで、右側の池の水がどーっと左側にこぼれそうですので矯正を。

【広澤一由】

「初夏の鏡池」(戸隠)=6月4日午後
コメント:初夏の鏡池の様子を見に出掛けた。うっそうとした緑の木々に囲まれた鏡池とその上には戸隠連山がどっしりと姿を表し、湖面に写っていた。日差しは暑かったが涼しい風に癒やされた!
講評:鏡池といえば晩秋から初冬、紅葉と戸隠連山の初雪を絡めての作品、あるいは芽吹き、新緑の作品が定番です。過去、多くのカメラマンが同じような作品を創出していますので、類似の作品を撮ることも結構ですが、この作品のように少しタイミングをずらして狙ってみることは新たな作品を創るという意味ではいいですね。2枚とも、やや画面下が窮屈な感じです。草むらなどが中途半端なので、思い切って空部分を少なくしその分下を入れるか、ズーミングを広くして下の草むらやほとりを入れてみましょう。そして、池の命名由来「鏡」のごとく水面に上部の景色を投影する手法もあります。

【早川球喜】

「麦秋の十五夜の月」(長野運動公園)=6月3日
コメント:月は仲秋が一番美しいとされ、月見や団子をお供えする習慣がありましたが、今は初夏で時候の挨拶は「麦秋」です。そして満月でなく十五夜です。こんな月見もいかがですか。
講評:運動公園のケヤキ並木の上にぽっこりと顔を出した十五夜の月。まだ明るさが残り、出たばかりの月が郷愁を誘います。

【中島弘】

「八坂の大滝」(大町市八坂)=6月5日
コメント:何度か撮影に行ったが水のない岩壁でした。水が流れているという情報を得たので行って見ると、細い流れでしたが落差50mは迫力があります。裏側に入ることもできるそうですが、いまは進入禁止となっています。
講評:いつもはあまり水量が少ない滝とのこと。何度も出かけてやっと出会えた滝。水は細めですが高さと左右の針葉樹、落葉樹の対比した樹木が雰囲気を盛り上げています。紅葉、あるいは厳冬期の光景もいいかも知れません。水があるかどうかですが・・・。裏見も見たいですね。
「田植えを終えて」(千曲市姨捨の棚田)=6月5日
コメント:青々とした棚田を撮りたいと思って行ったが早かったようです。急斜面に棚田を整備した先人の苦労を思いつつ撮りました。
講評:そうですね。悠久の昔から先人が守ってきた棚田の形はそう変化してないと思いますが、一年の営みの中でどのタイミングを切り取るかは撮影者の考え方次第かなと思います。代掻き、田植え、稲穂、刈り取りなどなどいっぱいあります。この作品の場合は、田植えが終わり、青々と茂るまでの中間で確かに中途半端と言えばそうですね。何度通っても絵になる素材、場所なので、また足を運び先人の労苦に触れて作品作りを。

【竹内一郎】

「怖いもの知らず」(飯綱大座法師池)=6月5日
コメント:石渡公民館主催の春のレクリエーションに参加をし湖畔を散策中、若い女の子が高い所を何とも思わないのか楽しそうに遊んでいるのが印象的でした。
講評:今はやりの「ツリークライミング」でしょうか。高さのある樹木にロープを吊り下げ登降するポーツですが、大昔、我々が子どもの頃はせいぜい木登りでした。しかもおてんば娘以外の大半の女子はしなかった。そんな思いから、新鮮に映った竹内さんの気持ちが作品から伝わってきます。ハラハラドキドキ感とともに樹木の緑色の葉、青空と清涼感たっぷりの作品となりました。横位置の写真ですが、女の子たちの高さをもっと強調するなら縦位置にして上の方に配置するとよかったかも。

<縦位置と横位置>
 テレビや映画の画面は横位置なので、日ごろ見慣れているせいか、撮る人も観賞する人も違和感なく感じるのが横位置の写真です。
 しかし、被写体によっては縦位置にした方がより効果的なものがあります。例えば先の4月の例会発表の中で解説した「最短距離」の作例写真。樹木は概して下から上へと伸び、まとめるには縦がいいかと思います。あるいは滝。上から下へ流れ落ちる水、落差(高さ)を表現するにはやはり縦かと。ただし、次の中島さんの「八坂の大滝」のように周辺の環境を入れ込むと横位置という事もあり、一概には論じられない部分もあります。
 そこで、どちらがいいかという決断は後回しにして、撮る段階では以下のようにすることを心掛けてください。まず被写体と向かい合ったら素直に心が動いた「位置」でシャッターを押しましょう。そして、近づいたり、遠のいたり(レンズのズーミングもあり)、右に寄ったり左に寄ったり、高い場所から低い場所から、フレーミングや立ち位置を変化させながら納得いくまで撮りましょう。
 液晶画面で確認しつつ「よし!」ですが、これからが私の言いたいことです。納得いく最初の画面が横でしたら縦、縦でしたら横。つまり反対の位置でもう一度ファインダーを覗き撮影をしておいてください。その位置ではまとまらないなあと思っても一枚でいいです。逆位置のコマを残すよう心掛けてください。
 場合によっては、撮りながら縦を撮ったり、横を撮ったり、また縦、横・・・ということもあり得ます。
 そして、最終的にはデータを整理整頓、保存。再度コマを見ながら作品選びをしますが、そこでもどちらが見る人により効果的なインパクトのあるのはどちらか選んでください。

【高山三良】

「ユリノキ」(長野運動公園)=5月14日
コメント:運動公園には何本かのユリノキがあります。こんなに可憐に咲いていることに気づいている人は少ないです。
講評:石渡八幡神社西隣のトラックの周りでしょうか、背景の照明塔から推察できます。背景は主題のユリノキと重ならないようにうまく配置、環境が分かります。葉の中をよく見ると、黄色い花がポツリポツリと見えますが、花の時期は短く確かに花がないと何の木か分からないでいる人が多いですね。
「俺様の縄張りだ」(長野運動公園)=5月25日
コメント:早朝、鳩がエサをついばんでいるところへカラスがズシン。一斉に飛び立ちました。ほとんどの鳩の顔が見えています。スズメも。
講評:いい瞬間を止めました。こっちを向いているようにも見えるカラスは脚を踏ん張り高山さん(撮影者)を睨みつけているように見えます。そして、侵入者から逃げた瞬時のハトたちの頭部にきちんとフォーカスがきていながら、羽はぶれて動感が出ました。よく見ると、飛び立たないハトやスズメ(手前中央下ぎりぎり)もいてユーモラスな一面も合わせ持った作品です。

【倉澤利和】

「脱走」(自宅庭)=5月30日
コメント:近所に蜂蜜を作っている方がおられ、巣箱から出た女王蜂を追いかけて庭の松に群がってきていました。
講評:珍しい光景が、まさか“我が家”に。よく気が付いてカメラに収めましたね。女王バチはどれか分かりませんが、群がる働きバチが圧巻です。ハチと松だけの単純化した素材だけですっきりした作品となりました。