14wataku のすべての投稿

石渡写真クラブ月例会(2月)作品

石渡写真クラブ月例会(2月)の作品です。
講評は、クラブ員講師増田今雄(5常会)さんです。

※クリックすると写真が大きく見えます。

【池田 治雄】

「北信州ローカル線が走る」(信大附属中学駅前付近)
 東の山を背景に、長電の列車を普通、スノーモンキーなど3つの特徴ある車両を組み写真でまとめました。ほぼ同一の位置からの撮影で、列車の種類、通過時間を調べ、足を運んだ労作。それぞれに色や形などの違いがあって興味深いです。

【笠原 美敬】「冬景色の雄大な富士山」(朝霧高原)
 三角錐の富士山を望遠系レンズで引き付けて撮影。スケールのある山が手前の冬枯れの樹木とともにシンプルにまとまっています。空のスペースが多めなので、少しアングルを下げ(カメラを下に向け)、樹木の下を入れるともっと安定感が増しました。さらに欲を言えば、少し高台から撮ると、樹木の影に隠れてしまった横の雲が見えてアクセントになったと思います。

【萱津 信子】「もう咲いたの!福寿草」(自宅)
 画像から読み取れる「ファイル情報」によると撮影は2月4日。暖冬で積雪もほとんどなかった今冬、春は一カ月ほど?早めに到来。春一番に咲き春を告げるフクジュソウも敏感に感じ取り咲きました。グリーンの苔と、黄色が鮮やかです。

【倉澤 利和】「富士山さいこう」(朝霧高原)
 笠原さんと同行の朝霧公園からの富士山のショット。ほぼ同じアングルの作品が2点寄せられましたが、1点はやや富士山が小さく、手前の公園が主体になってしまい、富士山が大きめで迫力あるこちらを選びました。左の赤い太鼓橋や点景人物がアクセントになりました。やや画面が左下がり?で苦にし始めると苦になります。

【高山 三良】「金色の装い」(善光寺)
 普段はほぼ黒系の国宝善光寺。ライトアップされて化粧、真っ暗な夜空に浮かび上がった別の善光寺を見せてくれます。左の松のブルーも小さいながら金色とともに色彩効果が出ました。

【中島 弘】「食足りて世は平らか」(安曇野市、白鳥湖)
 昼間、安曇野の田んぼなどで落穂などをあさったコハクチョウが夕刻とともに、白鳥湖に戻ってくる。隊列を組んで、着水の直前をピントよく捉えています。鳥たちも重なることなくバランスよく並びました。次なるは、着水の瞬間や背景を残雪の北アなど角度、アングル、鳥の大きさなどを考えて挑戦しましょう。

【早川 球喜】「黄金に輝く」(善光寺)
 高山さんの作品と類似していますが、ライトアップの光線に写り込んだ雪が幻想的です。下部分がやや多いので、もっと角度を上げ、上の部分(雪模様)を入れたらグレードアップしました。 

【広澤 一由】「お堀が消えて記念撮影!」(松本城)
 スマホを片手に自撮りする女性。この作品からは、タイトルの「お堀が消えて」見えますが、彼女が撮ったアングルからは、お堀はどう映ったか?消えたかどうか、気になるところですね。城とスマホの女性一人と過去と現在が交錯、シンプルですっきりまとまりました。

【吉池 安雄】「春の曙」(長野運動公園)
 運動公園の1本の木を素材に作画。春早朝の日の出前後。東の空を背景に、樹木をシルエットにし樹形の面白さを浮かび上がらせました。雲の下に山並みを配したことで安定感が出ました。

 

 

 

新型コロナウィルス対策について

石渡区長の広沢です。 

 長野県内にも新型肺炎の感染者が確認されたことから、このような状況を踏まえ、 感染拡大防止の観点から、朝陽地域でも各種イベントの開催を中止する等の措置が図られています。

  石渡区においても感染防止対策として、比較的高齢者の集まる「はつらつ体操」を当面の間、 中止する等の対策を実施しますが、その他の会議等については、添付の長野市の対策に従い、開催の 中止または延期、開催する場合は感染防止対策を徹底していただくよう宜しくお願いします。

 また、日常生活での感染対策の基本は次の通りですので各自徹底願います。

  • 人混みを避ける、②マスクの着用、③手洗いの徹底、

 年度末始は各種会議開催シーズンです。組織長等は会議開催の注意事項等について、長野市から指針が出ましたので参考にしてください。

 新型コロナウイルス対策・イベント行事開催指針(長野市)

 新型コロナウイルス対策・イベント行事開催指針(長野県)

 

ふれ合いお茶のみサロンを開催

 2月19日、石渡公民館でふれ合いお茶のみサロンが開かれ、今回は53名の参加がありました。

 最初、NPO法人ながの健康サポートセンター代表の西脇かおるさんの指導により、チィヤ体操を行いました。直径15センチ程の半分ぐらい空気を入れたゴムボールを使い、お尻の下に置いて腰掛け、右、左、真ん中と移動する。それを繰り返すことにより、骨盤が元の位置に戻りるなど、体操効果があるとのこと。

 続いて、関ご夫妻によるハーモニカ演奏がありました。故郷、星影のワルツ、シクラメンのかおり、北国の春及び今日でお別れなど15曲を演奏され、〝歌集〟も配らましたので、会場の皆さんで楽しく唄い、和やかなうちに終わりました。

西脇さん、関ご夫妻、役員及びお茶のみサロンをお世話頂いた方々、楽しいひと時をありがとうございました。

【文と写真:石渡区広報部長 早川球喜】

このボールを使って、椅子に腰かけた自然な姿で行います。

荒城の月などハーモニカ演奏される、関さんご夫妻

関さんの、楽しい語りに聞き入る会場

隣の人の肩をタントン タントンとやさしく たたきながら歌いましょう。

皆さんで楽しく唄いましょう。

 

石渡写真クラブ月例会(1月)作品

石渡写真クラブ1月の月例会作品です。
 今回、区のどんど焼きの作品が複数寄せられました。撮影した人の顔が違うように、作品にも各位の個性が色濃く出ています。どの作品がいい悪いというのでなく、その人の見方、考え方、テクニックなどが表出され、同じものが二つと出てこない写真の面白さが分かります。タイトルとともに、じっくりと見比べてみてください。

 講評は、クラブ講師 増田今雄(5常会)さんです。

※写真をクリックすると拡大して見れます。

【吉池 安雄】「夜明けの彩り」(長野運動公園)
 
日の出前、東の空に浮かぶ雲がうっすらと朱色に染まる。派手な焼け方でないだけに、控えめな、落ち着いた雰囲気が漂っています。手前に枝をシルエットに、向こうに横並びに樹木を配し遠近感が出ました。下の陸上競技場のグラウンドはもう少し入れてもよかった。安定感が出ます。

【広澤 一由】「あの世での十王の裁き『カツ!』」(石渡公民館裏)
 足元にある石仏を素材に選んだところ、気が付いたところがいいです。並ぶ十王の中の一番怖そう?というかインパクトある石仏を中心に、うまくまとめました。全景でなく思い切って近づき、深度を浅く(F値=絞りを開け)し、口を開けたカツの部分を強調できたテクニックもいいです。真後ろの仏と重なってしまったのが残念。

【早川 球喜】「どんど焼き」(石渡区どんど焼き)
 めらめらと燃え盛る炎を望遠レンズでぐっと引き付け迫っています。炎の周りのかげろうのようなものまで写し取り、「火」がまるで生き物のようにも見えます。主題の炎を活かすため、もっと大胆に炎を大きく、背景の人物を整理すると狙いが明確になります。

【中島 弘】「人波が去って」(奥蓼科・御射鹿池)
 畔の木々に立ち込めた霧をいいタイミングで捉えました。流れる霧は、濃すぎるとそこにあるものが見えなくなり、薄すぎると物足りず結構適度な濃さは難しいものです。二分割構図で水面にシンメトリックに投影させ、幻想的に仕上がりました。渋いイメージをそのままプリントに活かしてください。点景に白馬がいると、巨匠東山魁夷画伯の絵画より上を行く?作品になったかも。

【竹内 一郎】「驚かしてごめんね」(新幹線車両基地付近)
 何百羽、何千羽・・・の数のスズメが果樹園の支柱線に。だいたい、この手の鳥は近づくとパッと飛び立ってしまい望遠系レンズでもなかなか難しいものです。よく見つけ、よく撮りました。少しのスズメが宙に舞っている感じも動きがあって躍動感を感じさせます。

【高山 三良】「役目を終えて」(石渡区どんど焼き)
 一年間、病気や災難から護ってきたお札やだるま。正月飾りとともに、どんど焼きで御焚き上げし感謝。その残り火で繭玉やおもちを焼き、食べ、今年の無病息災を祈念する。そんな思いを込めてシャッターを押した作者の気持ちが伝わってきます。二基の配列、周りの人物配置、背景のアクアウイングなどバランスもいいです。

【倉澤 利和】「見守ります。今年こそいい年であります様に・・・」(石渡区どんど焼き)
 身近で水害がおこった昨年。安穏な日々を願う気持ちを込めシャッターを押しました。スマホ撮影とのことですが、真っ四角なサイズが新鮮な感じです。主題を中央に置いた「日の丸構図」が安定的。にぎやかなはずですが、人物が4人というタイミングもかえって主題を強調している感じで面白いです。

※スマホ撮影
 スマホの写真設定のサイズを見ると、横長ワイドとか四角、普通などいろいろとあります。データ量もさまざまなものが選ぶことができます。クローズアップ撮影も一眼レフのマクロ撮影以上のアップで撮ることも可能です。軽いのでぶれに注意して、どんどん挑戦してみましょう。

【萱津 信子】「メタセコイヤ通り」(長野運動公園)
 運動公園に太古の「生きた化石」と称される樹木が並ぶ。枯れ葉でよく分かりませんが、散策道が「C」のアルファベッド構図で流れを作り、合い向かいにはヒマラヤスギでしょうか、葉を付けたままの常緑樹を対称的に配置した構図はいいですね。マレットゴルフに興じる人たちか、散歩する人物を点景に欲しかった。

【笠原 美敬】「2019年厄除 新年無病息災」(石渡区どんど焼き)
 燃え盛るクライマックスの炎、適度に垣間見えるだるま、消防の動きなどシャッタータイミングがいいです。ややアングルが下向き過ぎで中央のシンボルのだるまが欠けてしましました。少しレンズを上向きにし地面を半分ほど削り上を入れてみたらよかったですね。

【池田 治雄】「北八幡川の主」(桜新町神社脇の用水)
 ぬーっと現れたコイ。ややシアン系の水の中にぼーっといる姿が印象的です。ややもすると単調になりがちが水面ですが、上と左、右上にある影のようなものが揺れているところがアクセントとなり、主題を強調しているように見えます。

スポーツ吹き矢体験教室が開かれました

1月29日(水)、石渡公民館おいてスポーツ吹き矢体験教室が、石渡区・健康増進部の主催で開かれました。長野県スポーツ吹矢協会長野シナノキ支部の高頭周一支部長、石渡区で長野シナノキ支部の田中久夫さん、畑敏夫さんに指導をいただきました。

 高遠支部長から、長野県には26の支部があり、この吹矢は「礼」に始まり「礼」に終わる。スポーツウエルネス吹矢式呼吸法(複式呼吸と胸式呼吸)と集中力、ゆったりとした動作を身に着けると健康効果が期待できるなどの話と、公認用具(筒・矢・的)の説明がありました。 

 続いて、3つのグループにわかれ、それぞれに指導者がつき、1回目は、筒の持ち方、立つ位置、吹き方などの指導をうけ、吹矢を体験しました。2回目は基本動作(礼をする、構える、筒を上げる、息を吐く(筒を下までさげる、息を吸う(筒を口元に持ってくる)、息を整える、礼をする)の指導を受け、点数の計算など体験しました。

 実際に体験して見ますと、初体験の人が多いにかかわらず、的まで6mとはいえ、かなりの腕前でした。動作と一緒に、息を吐く、息を吸う、息を整える。集中力を高め、呼吸法が難しいと感じました。

 また、2月5日(水曜日)に石渡公民館で10時~11時30分に開かれますので、参加してみてはいかがですか。申し込みは不要です。持ち物は、タオル・飲み物です。

【文と写真:石渡広報部長 早川球喜】

体験教室について説明する篠塚春次健康推進員支部長

公認用具(筒、矢、的)を説明する

筒の立つ位置、持ち方を指導する高頭周一長野シナノキ支部長

矢は柔らかいので木の棒を使って手で押さえて抜く

講師に礼をする、構える、息を吐く、息を吸うなどの模範演技

講師による吹く、息を整えるなどの模範演技

筒を吹く、息を整えるなどを指導する高頭周一長野シナノキ支部長

筒を上げる、下げるなどの基本動作の指導を受け、呼吸を整え、集中力を高める

筒を下げる息を整えるなど基本動作の指導を受け、さあ挑戦!

和気あいあいと高頭周一長野シナノキ支部長から説明を受ける参加者

的は、外側から1点、3点、5点そして中心が7点で、5本矢を放ち、それぞれの点数を合計して得点となる

 

 

                            

十王像の清掃を実施しました

 石渡公民館の東側に「十王像」が納められている一郭があります。昭和54年に現在の公民館が建て替えられたときに移設された模様です。長年に亘り砂埃にまみれていたことから、この度区の3役が清掃しました。

 解説の看板にもあるように、どことなく隣の大陸育ちの顔立ちを拝顔できました。遙か遠い歴史を感じました。     

【文と写真:石渡区長 廣澤一由】

 

清掃する副区長の横田一雄さん(左)と区会計の宮澤一成さん

清掃中

清掃後

全ての清掃を完了

綺麗になりました

もとの状態に戻して

十王像の解説

石渡写真クラブ(2019年12月)例会作品

講評は石渡写真クラブ講師の増田今雄さんです(5常会)

※写真をクリックすると大きく見えます

【池田 治雄】「冬景色」(北長池)
 
枯れススキを前景に、少しだけ雪に覆われた山並みと適度な雲が出た空をまとめすっきり感が出ました。ススキと山の間の田園風景の広がりを入れたら、遠近感がもっと助長されたのでは?「いや、邪魔な電柱や電線があってね、隠すためローアングルで・・・」。うまく隠しましたね。

【笠原 美敬】「晩秋の長野」(雲上殿)
 
雲上殿から南東方向、長野市街地と奇妙山、妙徳山などの山並みをモチーフに撮影。山頂付近を覆う冬特有の雲と抜けた青空。下の部分に紅葉の樹木がちらりと見えていますが、もう少し入れるともっとタイトルにふさわしい晩秋になったかなと思います。

【倉澤 利和】「冬はこれから」(戸隠神社奥社参道並木)
 杉並木を望遠レンズの「圧縮効果」(引き付け効果)で迫り、太い杉の幹が立ち並ぶ様子が迫力満点に表現されました。配置された人物も、幹の太さを比較するのに役立ちました。ただ、手持ち撮影でしょうか暗いためにシャッターが低速になり、ぶれが気になります。

【高山 三良】「師走の灯り」(長野市中央通り)
 イルミネーション輝く師走の長野市のメインストリート。ビル街もほどよい露出でイルミネーションとともに夕景に溶け込み、人の配置バランスと動きがいいです。中央にある信号の赤がまるでお月さんのようでユーモラスさを誘い出しています。

【竹内 一郎】「月下美人クジャクサボテン」(石渡)
 見事に咲いた花。その美しさを限りなく引き出そうとした作者の心意気が伝わってきます。撮影の場所選び、ライトを当てたライティングなど工夫の跡が見られます。部屋のあかりの作品より、こちらの方が作者の意図がストレートに伝わり幻想的です。

【中島 弘】「俺の時間」(麻績村・聖湖)
 聖高原の湖で釣り用の足場が鍵型に曲がった足場と湖面がバランスよくフレーミングできました。そこに糸を垂れるたった一人の釣り人、その向こうの足場左にいる水鳥が静かな山上の湖の静寂さを表現しています。この大自然を独り占めしているのは釣り人とともに作者自身ですね。

【早川 球喜】「落陽」(長野市城山公園)
  夕暮れ時の市街地。霞んだ山並みの向こうの空がかすかに茜色ですが、下のビル街がやや重たく中途半端な気がします。夕焼け狙いなら、下のビル群はもう少しカットし、空の面積を広く入れた方がすっきりします。

【広澤 一由】「秋で飾られたつつじ橋」(天竜峡温泉付近)
 
天竜峡に架かる吊り橋を覆うように周りの紅葉が包み込む。自然と人工物がうまくマッチした作品となりました。できれば、吊り橋の上にこの絶景を愛でる行楽客が点在すると作品がぐっと引き締まりました。

【吉池 安雄】「忍び寄る冬の影」(石渡運動公園)
 真っ黒な木の影に「冬」を感じ取った気持ちがそのまま表現できています。影が右下から左上の斜め構図が画面に流れを生み出しています。影とは別の樹木(左)の枝も青空に浮かんだ配置ですっきりまとまっています。

石渡区の「どんど焼き」が行われました

 1月13日(月)、成人の日に恒例の氏子、公民館及び育成会による「どんど焼き」が運動公園東側空き地で行われました。

 当日、朝から育成会が正月に飾ったしめ縄など、各家庭を廻り集め、午前中に氏子及び公民館の役員が達磨、古い御札、しめ縄を焼く、2基のやぐらを作り、午後の「どんど焼き」に備えました。

 点火は午後3時で、やぐらを氏子総代がお神酒で清め、参加された方全員で石渡神社に向い、氏子総代に倣い2拝、2拍子、1拝で参拝の儀式を行い、続いて区長、公民館長と氏子総代、育成会会長との2手に分かれ松明へ採火し、それぞれのやぐらに点火しました。炎は忽ちやぐらを包み、勢いよく燃え上がり、点火から20分程で、炎が下火になると、釣り竿にアルミホイルに包んだ餅を針金で吊るした人、アルミホイルに包で熾きの上に置く人、枝に刺して炎にかざす人など、それぞれ思い思いのやり方で「1年を健康にすごせるように」との願いを込めて焼いていました。

 【文と写真:石渡広報部長 早川球喜】

次々と持ち込まれるしめ縄など

集められた、持ち込まれたしめ縄など

点火を待つ

点火を前にお神酒で清める高山秀則氏子総代(2常会)

松明へ採火する廣澤一由区長(9常会)と倉澤利和公民館長(2常会)

「どんど焼き」のやぐらに点火する高山秀則氏子総代と塚田美穂育成会長(8常会)

勢いよく炎を上げる「どんど焼き」のやぐら

思い思いのやり方で餅を焼く

餅を焼くためなら煙のなかでも我慢できる

熱いけど我慢しよう

どんど焼きで焼いた、お餅の味は、いかがですか

 

もちつき体験と新春レクリエーション大会が行われました

 春を呼ぶ「もちつき体験講座」と「新春レクリエーション大会」が行われました

 石渡公民館の前庭で1月12日午前、10年ほど続く「もちつき体験講座」が開かれました。親子70人が集まりました。公民館や育成会の役員たちが「せいろ」で蒸したもち米を石の臼に移し、返しの合いの手を受けながら真っ白なもちをつき上げました。子どもたちも公民館役員や親の助けを借りながら、元気に餅つきを経験、楽しみました。つきあがったお餅はあんこやきなこをまぶし、参加者全員に振る舞われ、あらためてお正月の気分を味わいました。

 午後は恒例の新春レクリエーション大会が公民館大広間で行われました。麻雀やオセロ、トランプ、囲碁将棋のコーナーが設けられ、子どもたちはミカンやお菓子を食べながら楽しいひとときを過ごしました。麻雀には20人が参加、5卓に分かれて今年の運試しとばかりに熱戦を展開していました。

【文と写真:区監査役 水越渉】

「エイッ」「やったね!」。頑張っての餅つきはとても楽しい

公民館役員に手伝ってもらいながらの餅つきもまた、楽しいようです

つきたてのお餅はとてもおいしいです

親子そろって食べるお餅の味は格別です

新春レクリエーション大会の開会。「皆さん楽しんで」と呼びかける公民館長の倉澤利和さん(2常会)。向かって右側は副館長の田中久夫さん(1常会)

オセロゲームのコーナー。大人も子どもも真剣です

将棋コーナーでは、区会計の宮澤一成さん(7常会)が駒の動かし方を丁寧に教えているのが印象的でした

囲碁コーナーでは存在感いっぱいの4人がゆったりと石を置いていました

こちらはトランプコーナー。楽しんでいるのは親子かな(?)

麻雀コーナーではどの卓も真剣。「ウ~ン、いまいちだな」と頭に手をやるのは倉澤利雄さん(3常会)

紅一点参加の滝澤ふさえさん(4常会)。「優勝するんだ」と力が入ります

優勝した廣澤幸一さん(3常会=左から2人目)はトロフィーを抱いて満面の笑顔を披露しました。左端は2位の宮坂貞夫さん(6常会)。左から3人目が3位の倉澤利雄さん(3常会)。右端は賞状を手渡した公民館長の倉澤利和さん(2常会)

ブービー賞(下から2番目)を獲得した佐々木繁夫さん(9常会)。うれし恥ずかしの複雑な笑顔です

新春レクリエーション大会は無事終了。参加者、スタッフ合同の慰労会です。

「今年もよろしく」との声が飛び交いました

 

駐車場ボランティアの慰労会が行われました

 石渡地区の台風19号被災地支援ボランティアの皆さんが行った駐車場誘導支援活動の慰労会が1月7日、石渡公民館で開かれました。

 駐車場の誘導は、運動公園東側の広場と富士通長野工場駐車場で、昨年10月下旬から12月下旬の間、延べ60人を超える石渡のボランティアが参加して、全国から訪れた災害ボランティアの車の誘導に駆け回りました。

 慰労会には17人が参加しました。きっかけをつくった関保雄さん(5常会)が「当初、知人に声をかけたがとても足りず、朝陽地区全体で取り組むよう8地区の区長会に相談、区単位で取り組むようになった。石渡としても被災地の復興に力添えできてよかった」とあいさつ。廣澤一由区長(9常会)も「みなさんの協力で石渡の責任を果たすことができました」と感謝を述べました。

 最後に、いまのところボランティアの要請はないが、あれば積極的に取り組んでいこうと、全員で乾杯。ボランティア活動の慰労と今後の熱意を確認しました。

 【文と写真:区監査役 水越渉】

参加者は「今後もボランティア活動の要請があれば積極的に参加しよう」と全員で乾杯しました