「石渡フォトニュース」カテゴリーアーカイブ

初めてのしめ縄作り講習会

 昨年暮れの1217日、長寿会主催の「しめ縄・紙垂(しで)作り」講習会が公民館で行われました。区では初めての企画で約30人が集まり、池田忠保さんを師匠にスタッフ8人の指導で、稲わらを使って正月に飾るしめ縄や紙垂作りに挑戦しました。

 最初に、細縄作りからスタート。神聖なものは左にねじって「なう」とされる「左縄」で、初めてわらに触れる子どもや近年わらに触れる機会が滅多にない大人も、慣れない手つきで四苦八苦。続いて、「棒じめ」作り。「中央を縛り、わらを三等分にし・・・」、「わらを水で湿らすと“なえ”安いよ」などのアドバイスを受けながら奮闘。早く出来る人、なかなか形にならない人、仕上がり具合も人それぞれ、まちまち。予定の時間はみるみる過ぎ時間オーバーしたものの、最後に和紙で紙垂を作って終了。参加者は、昔から引き継いだ先人の伝統を体験し、手作りの作品はそれぞれの家の正月の玄関先を飾りました。
(文と写真 広報部・増田今雄)

「こうやって持って・・・」
「こうやって持って・・・」
材料のわら
材料のわら
最初は細縄作り。左巻きに四苦八苦
最初は細縄作り。左巻きに四苦八苦
「そうそう、上手だよ」。指導スタッフから教えてもらって
「そうそう、上手だよ」。指導スタッフから教えてもらって
「足で押さえるといいですよ」
「足で押さえるといいですよ」
神聖なしめ縄はすべて「左巻き」
神聖なしめ縄はすべて「左巻き」
「水で湿らすとうまくいくよ」
「水で湿らすとうまくいくよ」
公民館会場は、人とわらでにぎやか
公民館会場は、人とわらでにぎやか
「中央をしっかりしばって・・・」いよいよご棒じめ作り
「中央をしっかりしばって・・・」いよいよご棒じめ作り
子どもたちにお手本を示す師匠の
子どもたちにお手本を示す師匠の池田さん
「できたあー」。思わずにっこり
「できたあー」。思わずにっこり

30数年続く交流  信大附属特別支援学校とのXmas交流会

 昨年暮れの1213日、長寿会、ゲートボールクラブの主催で、「信州大学附属特別支援学校とのXmas交流会」が開かれました。会場となった公民館には、学校から生徒、先生ら26人が参加、2時間ほどのクリスマス交流会を楽しみました。

 長寿会会長倉沢利雄さんの歓迎のあいさつに続き、小山英雄ゲートボールクラブ会長が「30数年前、石渡八幡神社脇でお年寄りたちがゲートボールをしていると、散歩で通りかかった支援学校の生徒さん達が『こんにちは』と気持ちよくあいさつしてくれました。散歩コースで、あいさつは恒例になりお年寄りたちは感激、最初は区から学校に出向いて交流が始まりました。その後、公民館に招待する形になって現在に至っている」と交流会の誕生秘話を披露してくれました。

 続いて、自己紹介、茶話交流と進行。生徒さんらが「乱れ打ち」、「勇み駒」、天下招福と息災延命を込めた「飛龍三段返し」の力強い太鼓演奏を披露。記念に区からの参加者が「乱れ打ち」を体験させてもらい、大きな音にびっくりしていました。

 主催者がペットボトルを工作した手作りのピンを並べた「ボウリング大  会」。生徒が思い思いにボウル投げるたびに歓声が上りました。そして、メインイベントの長寿会会員扮する真っ赤な衣装のサンタさん、トナカイが登場、11人にお菓子のプレゼントを配りました。

 最後に、「3年間お世話になりました」と3年生の生徒代表が謝辞。記念写真を撮影し、「来年も・・・」と玄関先で見送られて公民館を後にしました。

                        (文と写真 広報部・増田今雄)

「交流は、もう30数年前に」ときっかけを話す小山ゲートボールクラブ会長
「交流は、もう30数年前に」ときっかけを話す小山ゲートボールクラブ会長
長寿会(右倉沢会長)の皆さん=写真上、ゲートボールクラブの皆さん=写真下=と茶話交流
長寿会(右=倉沢会長)の皆さん=写真上、ゲートボールクラブの皆さん=写真下=と茶話交流

dsc_7688

生徒さんから太鼓演奏のプレゼント(写真上、下)
生徒さんから太鼓演奏のプレゼント(写真上、下)

dsc_7713

手作りのボウリングを楽しむ生徒さんたち
手作りのボウリングを楽しむ生徒さんたち
長寿会会員ふんするサンタが1人1人にお菓子のプレゼント(写真上と下)
長寿会会員ふんするサンタが1人1人にお菓子のプレゼント(写真上と下)

dsc_7775

全員で記念の写真を撮影
全員で記念の写真を撮影
1年後の再会を約束し、生徒さんらは帰校
1年後の再会を約束し、生徒さんらは帰校

 

健康講座2題

①【健康寿命を延ばそう】 介護予防あれこれ体験講座

 昨年の1129日、公民館で「介護予防あれこれ体験講座」が開かれました。区、公民館、長寿会の主催で約30人が参加、市介護保険課介護予防担当で作業療法士の中西則行さんの講話に熱心に耳を傾け、「はつらつ体操」を体験しました。

 中西さんは、「少子化で担い手が減少し、団塊の世代が75歳に達する2025年には税金や保険料が高くなる。やってくる超・高齢化「新時代」に備え、健康寿命を延ばしましょう」とした上で、元気で活発な生活を送る(健康寿命の期間を長く保つ)には、「地域がお互いに助け合いながら、健康維持に必要な予防活動をして行くこと」と解説しました。

 歳をとって、つまずいたり、転ぶことは筋肉が衰えている証拠で、予防にはどんなに歳をとっても筋力を衰えさせないで付けることが必要。それには、筋肉をぎりぎり“傷める”ぐらいまで運動し、見返りに高タンパクの肉や魚、納豆など豆腐類、乳製品等をしっかり食べること。やせることは禁物。

 これからの時代は、施設などで高いお金を使ってこうした運動や交流、触れ合いをするのでなく、動ける人は地域で活動してもらうことが国や県、市など行政の施策。健康寿命を延ばす各地域での積極的な取り組みが期待されていると話しました。

 最後に、中西さんの指導でいすや机を使い、固まった身体をほぐすストレッチ系の「毎日のびのび」運動、筋力をつける「たまには、しっかり」運動の一端を体験し講座を終えました。(文と写真 広報部増田今雄)

歩行や足の関節などを解説する中西さん
歩行や足の関節などを解説する中西さん(写真上)
熱心に講師の話を聞く参加者
熱心に講師の話を聞く参加者(写真上)
自宅でできるストレッチ「開眼片足立ち」を体験
自宅でできるストレッチ「開眼片足立ち」を体験(写真上と下)

dsc_7116

 

歩行改善、腰痛予防に「ふくらはぎを伸ばす」運動
歩行改善、腰痛予防に「ふくらはぎを伸ばす」運動(写真上)
歩行改善、腰痛・膝痛予防、寝たきり予防に「いすからの立ち上がり」
歩行改善、腰痛・膝痛予防、寝たきり予防に「いすからの立ち上がり」(写真上)

 


②【生活習慣病を見直そう】 石渡地区健康講座

 1212日、区、区健康増進部会、長寿会による初めての「石渡地区健康講座」が開かれました。約35人が参加、「おたっしゃなまちづくり 糖尿病を予防して、いきいき元気で長生きを!」と題した三陽保健センターの倉石弘子さんの講演を聴講しました。

 不健康な状態を作り出すのは生活習慣病。代表選手が糖尿病で、脳卒中や認知症にもつながる。本来、日本人は農耕民族で、現代はいつでもどこでも食べられて、昭和50年ごろの食事と明らかに違ってきて、生活習慣病の引き金になっている。予防には、まずはしっかりと食生活の時間や内容、量、食べ方などの基本を知り、改善すること。特に、食物繊維を含んだ野菜をできるだけ多く食べることと、順番は、先に野菜(ベジタブル)を食べる、「サキベジ」が効果的と解説。

 さらに、食事のほか、掃除や洗濯など身体を動かすこと。1日で、今より1000歩、約10分は歩く習慣を。「タバコは病める」ので止める。アルコールは飲み過ぎに注意。油・砂糖は減らし、高タンパク質の肉、魚、豆類、牛乳を増やし、筋肉の維持、増強をすることと予防策をアドバイス。

最後に、毎日朝夕に血圧測定をして健康状態をチェックする習慣、具体的な野菜レシピを紹介、全員で「手のひら体操」をして講座を終えました。(文と写真 広報部増田今雄)

「生活習慣病を克服しましょう」と話す講師、倉石さん
「生活習慣病を克服しましょう」と話す講師、倉石さん(写真上)
dsc_7635
手のひら体操でリラックスする参加者(写真上と下)

dsc_7644

dsc_7656 dsc_7653  数人から質問があり感心の高さをうかがわせました

 

「見てください、私の作品」 石渡区民文化祭

 1年の成果を区民の皆さんに見てもらう石渡区民文化祭が区、公民館、育成会などの主催で11月5日、6日、石渡公民館で行われました。公民館の大広間を紅白や白地の幕で仕切った特設会場には、生け花や手芸、干支のジグソーパズル、切り絵、紙細工、みかさ幼稚園園児の絵画や作り物など区民が丹精した作品が所せましと展示されました。

中でも、4月に行われた「石渡八幡神社御柱祭」の様子を伝える写真、今春産声を上げた「石渡写真クラブ」の会員の写真・・・と多くの写真が会場を埋め、訪れた人の感心を集めていました。

 2日目の午後からは、お楽しみの演芸大会。皮切りは、御柱祭や秋祭りで大活躍した石渡神楽保存会の子どもたちが笛、太鼓で演ずる「道中囃子」。続いて大正琴、育成会の子どもたちによる合唱、石渡吟咏会による詩吟、新民謡舞踊クラブによる舞踊、飛び入りのギターやバイオリン演奏、八寿喜会による木遣り・・・と熱唱、熱演が披露され、拍手、拍手、拍手・・・。

 最後に、出演者、参加者全員で「朝陽音頭」を躍り、今年の文化祭を締めくくりました。(写真と文 広報部・増田今雄)

dsc_6222

dsc_6224

dsc_6227

dsc_6232

dsc_6234

dsc_6236

dsc_6240

dsc_6245

dsc_6254

dsc_6259

dsc_6264

dsc_6271

dsc_6274

dsc_6279

dsc_6294

dsc_6298

dsc_6301

dsc_6315

dsc_6331

多くの区民が訪れた文化祭会場(公民館)

子どもたち熱演「道中囃子」 八幡神社秋祭り

 五穀豊穣と無病息災を願う「八幡神社秋祭り」が10月10日、行われました。台風災禍の除災を願う8月の「風祭り」に次ぐお祭りで、今年は4月に御柱が盛大に行われたため、例年の前夜祭に事業所や各家庭を回る神楽、獅子舞はなく神事だけのお祭りでした。午後2時、およそ50人の「長持行列」が八寿喜会の木やりを先頭に出発=写真①。氏子役員、長持、宮司、区役員、神楽らが続く行列が神社に向かいました=写真②~⑨。

 神社に着いた一行は拝殿内で宮司によるお祓いの後、玉串を奉納=写真⑩~⑭。最後に、拝殿の外で奏でる神楽の音に合わせ獅子舞が奉納=⑮~⑱、直会=⑲をして締めくくりました。

 本祭りの長持ち行列には神楽は同行しないのが通例ですが、今回の秋祭りは、特別に神楽が同行し、道中囃子の笛、太古の演奏が人目を引きました。道中囃子は区内の小中学生10人余で、正月の育成会のしめ縄集めの後に石渡神楽保存会が実施した神楽体験講座の参加者が稽古を積み重ねてきました。氏子総代で神楽保存会会長の高山三良さんは、「本来なら、道中囃子など本格的な活動、出動の出番は2年後ですが、今回は特別稽古を重ね頑張り、御柱、秋祭りと大活躍でした。今後の成長が楽しみです」と話していました。

※神楽体験講座の詳細は「石渡神楽保存会」のホームページをご覧ください。(写真と文 広報部・増田今雄)

 

写真①
写真①
写真②
写真②
写真③
写真③
写真④
写真④
写真⑤
写真⑤
写真⑥
写真⑥
写真⑦
写真⑦
写真⑧
写真⑧
写真⑨
写真⑨
写真⑩
写真⑩
写真⑪
写真⑪
写真⑫
写真⑫
写真⑬
写真⑬
写真⑭
写真⑭
写真⑮
写真⑮
写真⑯
写真⑯
写真⑰
写真⑰
写真⑱
写真⑱
写真⑲
写真⑲

 

「石渡区民ボウリング大会」

 「石渡区民ボウリング大会」が102日、田町のスポルトピカデリーボウルで開かれました。公民館が企画した区では初めての大会で、小学生から中高年まで60人が参加し腕を競いました。中には、戦後ボウリングがはやった東京オリンピック(昭和39年)のころ、体験した団塊世代が“?十年ぶり”に懐かしくプレーを楽しむ姿も。1レーン4人づつでゲームがスタートすると、「ゴロゴロ、カーン」とボウルが転がり、ピンを倒す豪快な音が場内に響き、ストライクやスペアが出ると各レーンあちこちでタッチして喜ぶ姿や歓声が会場いっぱいに響き、終始にぎやかな雰囲気の中でゲームが進行しました。

 スコアは小学生、女性、65歳以上にはハンディーをプラス、2ゲームの合計得点で順位を争いました。ハイスコア(ハンディーなし)434点で優勝したのは4常会の菊川裕人さん。準優勝は338点(ハンディー15)の8常会の畑光子さん。3位は、333点(同15)の3常会の大日方清さん。ブービー賞は3常会の小林真緒さんで、全員が日用品などの参加賞をいただき大会を終えました。(広報部 増田今雄)

dsc_4469開会式。中島区長あいさつ

各レーン一斉にボウルを投げゲームがスタート
各レーン一斉にボウルを投げゲームがスタート

dsc_4545 dsc_4524 dsc_4541 dsc_4537 dsc_4535 dsc_4532dsc_4497

dsc_4510dsc_4490

dsc_4513dsc_4486dsc_4503dsc_4505 dsc_4499

表彰式
表彰式。「おめでとう!」
優勝の菊川さん
優勝の菊川さん。下はハイスコアを記録したボード

dsc_4552

平成28年度 石渡区民運動会 盛大に(9月4日)

 公民館、育成会主催、区、各種団体共催の平成28年度石渡区民運動会が9月4日、信大附属特別支援学校グラウンドで行われました。朝からカッと太 陽が照りつける残暑厳しい中、約300人が参加。グリーンの芝生のグラウンドには各常会ごとのテント、本部テントなどが並び、各国旗が青空にたなびく中、地 元みかさ幼稚園のマーチングバンドに続き、かけっこから競技がスタートしました。

 常会連合の綱引きや障害物競争、常会対抗のリレーや百足 (むかで)競争など11の競技にびっしょりの汗を流しました。途中、グラウンドをお借りした支援学校の皆さんの太鼓のアトラクションもあり盛んな拍手が送 られました。最後には「朝陽音頭」を全員が輪になって踊り、無事終えた運動会と区のいやさかを祈念して万歳三唱で終わりました。 恒例の抽選会では、家庭で 使う日用品からお米などが次々と当選、二等賞には回転式ファン(扇風機)、一等賞には血圧計が当たりました。 

 今年の常会対抗の成績は、優勝が2常会、準優勝が同点でじゃんけんで勝った3常会、3位が6常会でした。(写真と文 広報・増田今雄)

みかさ幼稚園のマーチングバンドが特別出演

競技は「かけっこ」でスタート

全員の力を結集。常会連合の綱引き

青空に色とりどりのボールが飛び交った「幼児・小学生玉入れ」

玉入れおわり。「いーち、にー、さん・・・」ーどっちが多いかなー。

「おやつをどうぞ」。パパ、ママと一緒にぼくも参加

障害物競争の第一関門は「網くぐり」

障害物競争の最後はパン食い。ゴールへ

「お水をいっぱい」。慎重に運んだ水を入れる

常会対抗リレー予選。軽妙にバトンタッチ

リレー予選。ゴール前のデッドヒート

障害物競争。障害の最後はパンをくわえてゴールへ

ミニマラソン。芝生グラウンドを一周してコースへ

ミニマラソン。低学年からスタート

ミニマラソン。ゴール!優勝!

常会対抗百足(むかで)競争。先頭を走る2常会

常会対抗百足(むかで)競争。掛け声と足並みをそろえ、「いちっ、にっ、いちっ、にっ、・・・」

けがの手当てをする救護班

「大物が釣れた―」(太公望)

各常会が入り乱れ・・・。「ゲートボールリレー」

最後は「皆で踊ろう」朝陽音頭
dsc_3502

優勝の第2常会。中島区長が優勝カップを授与
dsc_3507

次点は同点でじゃんけん。左が勝って準優勝の3常会。右は3位の6常会
dsc_3512

それぞれ、カップを受け取る2常会(右)、6常会
dsc_3513

運動会の盛会と石渡区のいやさかを祈念し「ばんざーい」
dsc_3516

抽選会。お菓子の詰め合わせリュックが当たりごきげん
dsc_3521

抽選会。上位には、お米。当たってにっこり
dsc_3525

抽選会。二等賞は回転式ファン
dsc_3527

抽選の一等賞は「血圧計」。しっかり健康管理を
dsc_3531