「石渡写真クラブ月例会作品」カテゴリーアーカイブ

12月月例会作品

<五十音順に掲載> 講評は石渡写真クラブの増田今雄講師

「タイトル」<撮影場所>(講評)の順に記載

池田 治雄 (2点)

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-2
「晩秋(冬の支度を急ぐ石渡神社)」<石渡神社>
(講評:昨年のナラタケ菌退治が奏功、今春には見事に咲いた桜の葉の紅葉。一番色づいた盛りの時期の葉が画面の八割近くを占め、晴れた日の光線をうまく使ってボリューム感あふれる作品です。やがて葉が落ちる冬へと向かう光景を同じ位置から撮影、季節の移ろい、時の流れを2枚組みで表現しました。「瞬間を止める」という写真の持つ特性が出た組み写真となりました。)

pb193353
「落ち葉の中に小さな花見っけ!(虫眼鏡で見て)<石渡>
(講評:イチョウの落葉、根本部分を少し入れ、回りを囲むように埋めた葉を写しています。よく見ると中央部分に小さな白い野菊が2本。作者の細かな観察力、感性が感じ取れます。)

 

笠原 美敬 (2点)

008
「凍り付いた初雪」 <志賀高原横手山頂>
(講評:いい素材に巡り合い、すかさずシャッターを押した作品にした努力が感じ取れます。手前の雪が積もった樹木と向こうの山並みの裾、両方の斜めのラインがマッチしリズム感を生み出しています。)


016「遠方に広がる北アルプス連峰」 <志賀草津ライン>
(講評:同じ時の作品ですが、晩秋の志賀高原に突然訪れた冬将軍の白い雪の風情をよく捉えています。欲をいえば、空の部分が多すぎるので、(空の)半分位はカットすると主題が鮮明になります。)

 

萱津 信子 (2点)


img_1983「イチョウのじゅうたん」 <吉田の大銀杏>
(講評:吉田の大イチョウの木の下の方だけを切り取り、社の屋根や地面いっぱいに落ち葉を入れ、大胆なフレーミングでまとめました。回りの民家も、イチョウの木がある状況を説明するのに役立っています。)


img_1984「御神木 弘法イチョウ」 <吉田の大銀杏>
(講評:今度は思い切って、大イチョウの根元と横に張った枝ぶりで樹齢1000年超とされる大イチョウの生命力が表現できました。もう少し、根の下(画面の下)を入れると安定感が出ました。)

 

倉澤 利和 (2点)

dsc_0001
「焼岳・大正池」 <上高地>
(講評:上高地の大正池。ぴたりと静止した水鏡に焼岳をシンメトリックに写し込み印象的な作品となりました。やや露出がオーバー気味なので、中央の黒部分は真っ黒につぶれても、飛んだ調子を出して色調を整えてください。)

dscn0175
「キイロハギ」 <三重県伊勢シーパラダイス>
(講評:「黄金分割点」に黄色の熱帯魚を置き、見る人の視線を効果的に誘導しています。水族館の水槽の中のようですが、その割にはピントもシャープで魚の動き、背景の水草、全景などの配置もいい感じです。)

 

中島 弘 (2点)

16y_8697
「小春日和のモミジ」 <山梨恵林寺>
(講評:大胆に中央に配した杉の木の大木を背景とし、主題の紅葉を浮き立たせています。更にその奥の空間にはお寺でしょうか、屋根をさりげなく置き雰囲気を盛り上げています。手前に立ちはだかる枝は邪魔と言えば邪魔ですが、枝の色が黒色なのと紅葉との微妙な重なりを避けてあり、ごく自然な感じに受け取れます。)

16y_8709
「どうしよう」  <山梨恵林寺>
(講評:いい素材を発見しました。すかさずシャッターを切りました。木の上に登って枝の先端に口先を当てる猫のしぐさも絶妙です。弱まり行く秋の日差しが感じ取れ、残った紅葉の葉が数枚あるのも効果的です。)

 

早川 球喜 (3点)

dsc_0795
「紅葉に憩う」 <長野市保科>
(講評:適度に日が差し込んだ1本のカエデの木を中心に、微細に変化する葉の光、色彩のグラディエーションを巧に表現できました。惜しむらくは、手前にいる白い装束の人物は、せっかくの雰囲気を相殺し点景としてはいらない感じです。

dsc_0808
「山寺の錦秋」 <長野市保科清水寺>
(こちらは、中央に当たる日差しに映える色彩を印象的にまとめました。左右に広がりながら暗くなっていくのも、中央部分を引き立てる役目を果たしています。こちらは、どこかに点景人物が欲しかった。

dsc_0807
「山寺の錦秋」 <長野市保科清水寺>
(講評:前の作品の右側手前に一枝の葉を前景としてあしらって作画しています。もう少し大胆に入れてもよかった。

 

広沢 一由 (2点)

%e6%99%b6%e7%a6%85%e5%af%ba%e3%81%ae%e7%b4%85%e8%91%89%ef%bc%91
「晶禅寺の紅葉」 <長野市上松>
(講評:やや見上げたアングルで主題の紅葉を針葉樹の常緑を背景にして目立たせています。寺の一部でしょうか、屋根もどういう状況にある紅葉か分かっていいです。)

%e5%a4%9c%e3%81%ae%e5%a6%82%e6%98%af%e5%a7%ab%e5%83%8f
「夜の如是姫像」 <JR長野駅前>
(講評:ブルーにライトアップされた妖しく光る如是姫を、長野駅の大屋根を背景に捉えました。やや画面全体が左下がりなのと、左にある柱が右端で中途半端に切れているのが気になります。)

 

吉池 安雄 (2点)

dscn3648
「晩秋の夕焼け」 <東和田運動公園>
(講評:明るい昼間だとコンクリート製で無粋な”四阿風”建物に写りますが、シルエットにしてアクセントにし、夕焼けに染まる雲とともに晩秋の夕暮れの雰囲気を捉えました。左右にある葉が落ちた樹木も雰囲気を助長しています。)

dscn3623
「つたもみじ」 <東和田運動公園>
(講評:無機質なコンクリートを覆い、秋の彩りを演出する蔦をモチーフに作画、いい素材を見つけました。下方の地面が斜めに右に上がり、蔦は左右から右下方向へ斜めに下がる・・・。線で構成された作品ですが、線の流れがリズム感を生んでいます。ややピントが甘いの残念。)

【担当:広沢一由】

11月月例会作品

<五十音順に掲載> 講評は石渡写真クラブの増田今雄講師です。

1.池田 治雄 (3点)

p1013221
「運動公園欅並木の紅葉」 <撮影場所:東和田運動公園>
(評:見事な紅葉です。発色も素晴らしい。どこの紅葉なのか建物とかを少し入れると良かった)

img_1770
「秋の石渡神社」 <撮影場所:石渡神社>
(講評:紅葉は写ってますが背景で神社が主の写真になってしまいました)

img_1767
「秋の石渡神社」 <撮影場所:石渡神社>
(講評:わが石渡神社にはこんなにも綺麗な紅葉に囲まれる時があったのか!という現実を目の辺りに見せてくれています。

2.笠原 美敬 (2点)

006
「池に写る新緑の松」 <撮影場所:平泉町毛越寺浄土園>
(講評:水面に山の景色を投影した上下ほぼ均等の二分割構図で安定した作品となりました。手前左下の柵やその上の斜めの松もアクセントになりました)

030
「海に浮かぶ灯台」 <撮影場所:陸奥湾蟹田港~脇野沢港>
(講評:面白い岩をモチーフに作画できました。あまりいい天気でない曇り空なので上を少しカットし、岩にもっと迫ると迫力がでます)

3.倉澤 利和 (3点)

dsc_0017
「参道」 <撮影場所:戸隠・奥社>
(講評:何百年以上の杉並木の太い幹が、人物を入れることによって対比されスケール感が表現できました)

dsc_0031
「秋の雷滝」 <撮影場所:高山村>
(講評:右上から斜めに流れ落ち、くるりと向きを変え左上の方向に流れ下る。流れ、動きを感じさせてくれます)

dsc_0049
「親子」 <撮影場所:高山村山田牧場>
(講評:草紅葉の牧場でのんびりと草をはむ牛たちがバランス良く適度な配置で捉えています)

4.中島 弘 (3点)

16y_8538
「晩秋の千曲川」 <撮影場所:千曲川河川敷>
(講評:長芋の枯草と畑の耕作跡の線が斜めに入り組み、その向こうにススキ、樹木は水平で「線」をうまく利用して作画、リズム感がでました)

16y_8575
「冬を待つ稲田」 <撮影場所:千曲市>
(講評:この作品も水田や道路が広がる棚田の一角を、交差するやや斜めの線をうまく利用してまとめ、リズム感がでました)

16y_8591
「至福の非日常」 <撮影場所:聖湖>
(講評:水面に浮かぶ木道でしょうか、面白いジグザグ模様を見つけました。左下にいる釣り人も点景として効果的です)

5.早川 球喜 (3点)

dsc_0540
「ゆめのくにへようこそ」 <撮影場所:長野市大豆島>
(講評:お祭りの中の親子を中望遠レンズでスポット的に浮かび上がらせました。上の建物の傾きが気になるので少しだけカットしましょう)

dsc_0624
「秋のひととき」 <撮影場所:長野市上西之門町>
(講評:これ以上近づけないし、もたもたすると逃げてしまうトンボをよく撮りました。左右の画面が無駄ですので縦位置写真にトリミングしましょう)

dsc_0685
「袋田の滝」 <撮影場所:福島県>
(講評:画面を斜めに流れる雄大な滝と、幾筋もの水の流れが面白いです。欲を言えば、上の方の稜線や空が入ると奥行き感がでました)

6.広沢 一由 (3点)

p1030480
「湖底が見える淺川ダム」 <撮影場所:淺川ダム>
(講評:さまざまな議論を得て完成した淺川ダム。水が溜まる上流からですが、もっと画角を下げて下の水路が見えると良かった)

%e7%94%bb%e5%83%8f-012
「朝霧が晴れての眺望に一息」 <撮影場所:黒斑山中腹>
(講評:秋の小春日和。春霞が雰囲気よく写り、広々としたスケールの大きい作品になりました)

%e7%94%bb%e5%83%8f-044
「穏やかに噴煙をあげる浅間山」 <撮影場所:黒斑山より>
(講評:浅間山の噴煙が白い雲のように見え、活火山と思えないのんびりとした風情となりました)

7.広田 美土里 (3点)

img_4510
「琵琶池秋景」 <撮影場所:山ノ内町>
(講評:手前の岸辺に織り成す紅葉を水辺に浮かべ、向こうに目をやれば左右から丘陵が折り重なり、さらに奥に山、と遠近感がよくでました)

img_4566-4
「霧のブナ林」 <撮影場所:妙高市>
(講評:ブナの木を手前、中間、奥と配し、霧の雰囲気をうまく表現しています)

img_5029
「秋の不動滝」 <撮影場所:妙高市>
(講評:滝の水が出るポイントを黄金分割点に位置し、やや斜めに落ちる滝の流れが、見る人の目を飽きさせません)

8.吉池 安雄 (2点)

dscn3453
「クレーン」 <撮影場所:長野市中越>
(講評:巨大なクレーンが、広大な空の中に重たい荷を吊り上げる瞬間を捉えました。いいシャッタータイミングですが、少し傾きが苦になります)

rscn3509
「落ち葉掃き」 <撮影場所:東和田運動公園>
(講評:紅葉に囲まれた運動公園内、道の枯れ葉を掃き掃除する人物をうまくあしらい、左右に分かれた竹ぼうきの動きもいい感じです)

以上22点です。 

(写真投稿担当:広沢 一由)

 

9月月例会作品

<写真を1クリックすると拡大できます>

hn0903_16y_7817-jpg ■作者:中島弘 ■題名:「まだ登るの」 ■作者のコメント:体も心も「もういいよ!」
■講師コメント:道標と登山者をシルエットに、雲海のスケールがでてます

hn0904_16y_7845-jpg
■作者:中島弘 ■題名:「逆さ富士」 ■作者のコメント: 雲の上の逆さ富士が高さを表す
■講師コメント:珍しい逆さ富士に出会えてラッキーでした

16Y_8020
■作者:中島弘 ■題名:「安堵」 ■作者のコメント:目標を達成し、静寂が心を癒す
■講師コメント:日本一の山から見るさまざまな下界がスケール感を持って迫ります

img_1237■作者:廣田美土里 ■題目:「夕映えの棚田」 ■作者コメント:焼けた空が田んぼに映り一瞬のドラマでした 
■講師コメント:さまざまな形の水田、水面に映る朝焼け!印象的な作品

img_3145■作者:廣田美土里 ■題名:「れんげつつじ咲く頃」 ■作者コメント:丁度可愛らしい雲が浮かんでいた 
■講師コメント:手前、その向こうにあるツツジ、雲と遠近感が出て、小さいながら見つけた雲を広大な空に浮かばせました

img_2353
■作者:廣田美土里 ■題名:「トニシマカンゾウが咲く大野亀」 ■作者コメント:海に突き出た岩場に咲く見事な群落であった 
■講師コメント:花が咲く丘のやや斜めの線と背景の山が柔と剛を対照的に表現できました

%e5%a4%9c%e6%a1%9c953
■作者:笠原美敬 ■題名:「夜桜」 ■作者コメント:桜と湖面に浮かぶ橋 
■講師コメント:桜、赤い橋、湖面の街灯の筋がバランス良く配置できてます

%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%b5%e3%82%a4
■作者:笠原美敬 ■題名:「アジサイ」 ■作者コメント:雨を待つ庭に咲いたアジサイ 
■講師コメント:花びらのひとつひとつが立体感を持って表現できてます

%e3%83%ac%e3%83%b3%e3%82%b2%e3%83%84%e3%83%84%e3%82%b8
■作者:笠原美敬 ■題名:「レンゲツツジ」 ■作者コメント:高原に咲くレンゲツツジ 
■講師コメント:背景の高原の環境が良くわかります。オレンジ色が綺麗です

%e7%a7%8b%e3%81%ae%e9%9b%b2
■作者:吉池安雄 ■題名:「秋の雲」 ■作者コメント:羊雲があまりにも美しかった 
■講師コメント:右端に送電線を入れたことで雲の高さが出ました

%e8%9c%82%e3%81%ae%e7%b5%82%e7%84%89
■作者:吉池安雄 ■題名:「蜂の終焉」■作者コメント:もう飛ぶことができずに歩き回っていた 
■講師コメント:小さな昆虫の命の動きをよく見つけました

%e6%a8%b9%e9%99%b0
■作者:吉池安雄 ■題名:「樹陰」 ■作者コメント:樹陰の色合いに魅せられて 
■講師コメント:逆光をうまく使い、樹陰が印象的に表現できました

%e9%a3%af%e7%b6%b1%e5%b1%b1-2
■作者:倉澤利和 ■題名:「飯綱山」 ■作者コメント:飯綱山と松のロケーションが良かったのでシャッターをきりました 
■講師コメント:面白い素材を見つけました。背景の山との距離感も良く空気感がでました

%e5%ad%ab■作者:倉澤利和 ■題名:「孫」 ■作者コメント:どんな娘に育つのか?ちょっと心配です! 
■講師コメント:周辺の黒ボケはレンズフードの枠?タイムスリップしたような効果がでました

%e3%81%b2%e3%82%81■作者:倉澤利和 ■題名:「ひめ」 ■作者コメント:同居している猫「ひめ」、昼寝はこの場所が指定席です 
■講師コメント:いい素材を逃がさず撮りました。気持ちよさそう!

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%8f%e3%83%a0%e3%83%88%e3%83%bc%e3%83%9e%e3%82%b9
■作者:池田治雄 ■題名:「クラハムトーマス」

%e3%83%87%e3%83%b3%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%99%e3%82%b9
■作者:池田治雄 ■題名:「デンティベス」

%e8%96%ab%e4%b9%83■作者:池田治雄 ■題名:「薫乃」
以上3作品について■作者コメント:家の新築を機会に庭先に薔薇を植えて育てています。20種類50株位ありますが、私は専ら草取りと消毒を任されています。今年も綺麗に咲いたので写真に収めました 
■講師コメント:丹精込め、見事に咲いたバラの花々を青空に浮かしたり、光線をうまく利用し、細部まで描写できました(3作品共通)

dsc_0109
■作者:早川球喜 ■題名:「春の隅田川」 ■作者コメント:対岸の墨田公園はちょうど桜祭りが行われていた 
■講師コメント:春のうらーらーのー。歌声が聞こえてきます

dsc_0271
■作者:早川球喜 ■題名:「石渡神社の御柱祭」■作者コメント:神社の境内、今年は7年に一度の御柱祭が行われた 
■講師コメント:建立された御柱を配し、獅子舞、見物の氏子たちと祭りの雰囲気満点です

pb180008
■作者:早川球喜 ■題名:「秋深し、清水寺の紅葉」 ■作者コメント:昨年の秋、ちょっと遅めの紅葉を撮影した 
■講師コメント:灯篭と紅葉をうまく配置し、点景に人物を入れたこともアクセントとなりました

%e9%9c%a7%e3%81%ae%e4%b8%ad%e3%81%ab%e5%92%b2%e3%81%8f%e3%81%a4%e3%81%a4%e3%81%98
■作者:広沢一由 ■題名:「霧の中に咲くツツジ」■作者コメント:霧で幻想的な高原(入笠山)でのツツジが印象的だった 
■講師コメント:中央奥にある樹木が遠近感を演出し、霧の雰囲気を出しています

%e8%9c%9c%e3%82%92%e5%90%b8%e3%81%86%e3%82%a2%e3%82%b5%e3%82%ae%e3%83%9e%e3%83%80%e3%83%a9%e3%81%ae%e7%be%a4%e3%82%8c
■作者:広沢一由 ■題名:「蜜を吸うアサギマダラの群れ」■作者コメント:焼額山で遠距離移動を前に乱舞し、蜜を吸う蝶に魅せられた 
■講師コメント:背景をぼかすか、空にするなど単純化すると蝶がもっと浮きだった

%e7%a2%93%e4%ba%95%e5%b3%a0%e3%82%81%e3%81%8c%e3%81%ad%e6%a9%8b
■作者:広沢一由 ■題名:「碓氷峠めがね橋」 ■作者コメント:重層な元JRのめがね橋と青空が美しかった 
■講師コメント:稜線と橋の斜めが交差し、リズム感がでました。空の雲もいいです


【担当:廣澤一由】