「石渡フォトニュース」カテゴリーアーカイブ

令和3年度石渡区定期総会を開催

 4月11日(日)、石渡公民館において令和3年度石渡区定期総会が開催されました。

  総会では、高山三良区長(2常会)の挨拶の後、審議入りし、令和2年度の区行政経過概要、住民自治協議会活動、八幡神社運営、用水組合活動、公民館事業、長寿会事業、育成会事業などの報告があり、承認事項の区一般会計決算及び予算、推薦委員の選任、神社運営決算、予算及び御柱祭の催行、公民館決算及び予算が了承されました。

 なお、令和2年度はコロナ禍で公民館事業の多くが中止を余儀なくされたが、令和3年度も例年の事業を踏襲して計画した。コロナ感染症の終息が見えない中、昨年の経験を踏まえ、新しい事業も検討しているとのこと。

 高山区長からここ数年のうちに長老と言われる方々がなくなり、その方々に教えを得、話を聞いてきました。又、「遺したい石渡原風景」の企画で写真が400点以上、史跡も多数あり、皆様に見て頂きたい、知って頂きたとの思いから、区の事業として「石渡区誌」編さんの取り組みについての提案がありました。
当面は、9人の「石渡区誌編さん委員会」をスタートさせ、月一回の会議を開催し、内容の検討、資料の収集、講演会の開催などを計画していきたいとの事でした。

 最後に退任役員の紹介がありました。今回は、ご氏名の読上げでしたが昨年度はコロナ禍で、事業の中止や制限を余儀なくされ、まん延防止対策などと大変なご苦労、ご苦心をなさったことと思います。誠にありがとうございました。

【写真文章:区広報部長 早川球喜】

令和3年度石渡区四役及び顧問

【区長挨拶動画】

 

総会で挨拶する西脇顧問

区の会計監査報告をする小山会計監査

総会風景

 

 

八常会公園の花壇は花がいっぱいです

八常会の公園にある花壇では、色とりどりの花が咲き誇っています。手入れをしている「いこいの会」では、コロナ対策をしてぜひ観賞をと呼び掛けています。

咲いているのは、黄色のパンジー、白いスイセン、真っ赤なチューリップなどで、春の日差しを浴びて華やかな光景をつくっています。

いずれも、いこいの会員が昨年11月に苗や球根を植えたもので、厳しい寒さを乗り越え、開花しました。この花たちは5月まで咲いており、続いてバトンタッチをするようにユリがたくさん出て6月に開花します。

ユリが終わると、いこいの会では11月までもつ花を植栽、年間を通して花が絶えない花壇づくりを目指しています。

【文と写真:石渡つうしん取材班 水越渉】

花の手入れをする「いこいの会」のみなさん。「ぜひ、見に来て」と呼び掛けています

 

石渡『はつらつ体操』が再開されました

 2月15日(月)、石渡元気はつらつクラブが、昨年の11月以来3カ月ぶりに活動を再開しました。

 待ちに待ったとばかりに25名程の会員の方々が集まり、「手のひらに太陽」のリズムで「朝陽手のひら体操」、次に「はつらつ体操(床の間編)」、最後に信濃の国をダンスバージョンにアレンジした曲に西脇かおるさんが振り付けし、頭の体操にもなる筋力トレーニング・バランストレーニング体操などで皆さん、伸び伸びと体を動かしておりました。

 なお、以後の「元気はつらつクラブ」は、2月及び3月の月曜日を予定しているとのことです。

【文と写真:区広報部長 早川球喜】

続々来場される会員の方々。

「朝陽手のひら」体操で久しぶりに手足の筋肉をほぐしました。

「長野市はつらつ体操」で筋力トレーニング、バランストレーニング等。

動画を見ながら。

 

 

どんど焼きが行われました

 1月11日の成人の日に、青空の下、正月恒例のどんど焼きが長野運動公園陸上競技場東側広場で行われました。

 今年は、新型コロナ禍で正月に飾ったしめ縄は、前年のように児童が各家庭を廻ることなく、各ごみ集積場所に専用の箱を用意し、育成会役員の方々が回収に廻りました。

 午前に広場では、氏子役員、公民館役員及び育成会役員の方々がどんど焼きの柱を立て、ダルマを繋いだり、回収、持ち込まれた門松、しめ縄などを中に入れて2基のやぐらが完成しました。

 午後3時から点火に先立ち、参加された方々が氏子総代に倣い、石渡神社に向かって2拝2拍1拝の神事を行い、その後、区長、氏子総代、公民館長及び育成会長が2基のやぐらに火入をしました。間もなく炎は青空に吸い込まれるように、2基のやぐらは勢い良く燃えあがりました。

 下火になると広場に集まった方々が、思い思いの方法で餅や団子を焼き始め、頬張っておりました。正月に飾った門松、しめ縄やお札を燃やした残り火で餅や団子などを焼いて食べると無病息災などの願いが叶うと言われています。新型コロナウイルスが早く終息しますように…。

 【文と写真:区広報部長 早川球喜】

ごみ集積場所の指定された箱に出されたしめ縄など。

午前中につくられたどんど焼き用のやぐら2基が完成。

午後、青空から冬の陽が射しておりました。

お神酒でやぐらを清める氏子総代の藤巻弘幸さん(7常会)

石渡神社に向かって、2礼2拍子1礼。

区長、氏子総代、公民館長及び育成会長による火入れ。

炎に包まれ、火の勢いを増したやぐら。

下火となり煙が立ち込め、その中に冬の陽が微かに見えました。

残り火で思い思いの方法で、餅を焼く方々。

まだ燃えているよ。ちょっと餅を動かして見ようか。

煙くても何のその。

 

 

 

 

 

大雪の中、石渡八幡神社で越年祭と元旦祭が行われました

 石渡八幡神社で昨年の大晦日の夜、越年祭が行われました。激しく降る雪の中での二年参りになりました。午前零時近くになると境内には約30人の行列ができました。氏子さんによりますと、例年の三分の一から四分の一の数とか。大雪と新型コロナウイルス感染の心配から減ったのではないかとの見方でした。

 コロナの感染防止のため、例年振る舞われるお神酒や甘酒は中止になり、ミカンも手渡しではなく、自分で箱から取り出すようにしていました。参拝者は厳粛な表情で健康や平和を祈願したあと、互いににこやかに新年のあいさつを交わしていました。

 元日の午前7時からは、同じ石渡八幡神社拝殿で元旦祭が行われました。藤巻弘幸氏子総代や横田一雄区長ら10人の役員が出席。倉澤宮司が石渡区や区民の安全や健康を祈願しました。最後に横田区長が「コロナが早く終息して安心して区民が生活できるように祈ります」とあいさつしました。

【文と写真:区監査役 水越渉】

大雪の中、午前零時の年明けを待つ参拝者のみなさん。雪とコロナ感染の心配からか、例年よりだいぶ少ないようでした

コロナ感染が拡大しているためか、いつも以上に熱心に参拝する姿が見られました

今年はお神酒や甘酒などの振る舞いは中止になりました。それでも参拝者のみなさんは「今年もよろしく」などのあいさつを元気に交わしていました

両親のアドバイスでお賽銭をあげるお子さん。家族そろってお祈りする姿が印象的でした

【元旦祭】

氏子さんらが見守る中、倉澤宮司が区の安全や区民の健康を祈願しました

倉澤宮司が読み上げる祝詞を真剣に聴く石渡区役員のみなさん

参加者を代表して玉ぐしを奉じる氏子総代の藤巻弘幸さん

あいさつする横田一雄区長。コロナが終息して穏やかな年になってほしいと話しました

倉澤宮司を中心に、無事に儀式が終わってホッとする役員のみなさんです

 

文化教養講座(しめ縄飾り・門松づくり)が開かれました

 12月12日(土)、公民館主催の文化教養講座が開かれ、しめ縄飾りが石渡公民館大会議室、門松づくりが玄関前を会場に行われました。

 しめ縄飾りづくりでは、弥生時代に稲作が始まって以来、その豊かな実りを願い、収穫を感謝することから様々な信仰、儀礼が育まれた。その稲藁は様々な物に加工され、中でもその風習として今でも注連縄や新年の注連飾りとして行事に大きな役割を果たしているとのこと。

 今回は、棒注連(大根注連)、輪注連(輪飾り)を体験しましたが、分らない部分は講師や、互いに教え合いながら2時間程で思い思いの注連縄が完成しました。又、昨年、棒注連が上手にできた人は大黒注連にも挑戦しました。

 門松を作ろうでは、20リットル缶を利用し、頭を斜めに切り落とした青竹を、中央に固定し、周りを松や南天で飾り付けました。門松は正月用の飾りとして公民館の玄関前に置かれますので、ご覧ください。

【文と写真:区広報部長 早川球喜】

棒しめを作る順番と色々なしめ縄。何を作ろうか思案中?

3つに分けた藁の中央部分をしばり、捩りながら棒注連を作ります。

棒しめを作りには、藁をよくすぐります。下から徐々に引くと楽だよ。

準備は整った。棒注連を作るぞ。

今年は女性の方が2人ですが、昨年も参加されていますので鮮やかな手つきで、練り上げていました。

完成した神棚横注連。素晴らしいですね。

門松作り。中心になる青竹の先端を斜めに切り落とします。

門松の中心になる3本の背丈の違う青竹をズレないようにしっかり結びます。

砂を20リットル缶に入れて、青竹の固定と門松を安定させます。

立派な門松2基が玄関前に飾り付けられました。

 

 

朝陽市場「軽トラ市」が開かれました

 11月14日(日)、あさひかがやき事業実行委員会主催による「軽トラ市」が、千曲川リバーフロントスポーツガーデン特設会場で開かれました。

 当日は、天候に恵まれ、朝早くからテントを張り、野菜を積んだ軽トラック6台程が集まりました。テントでは、バルセイログッツ、綿あめ、ポップコーン、菊芋焼酎「朝陽」などを、軽トラックでは、りんご、きゅうり、里芋、ネギ、柿、さつまいも、ほうれん草、南瓜、白菜などの野菜が販売されました。

 中には、珍しい野菜がありました。南瓜でしょうか、細長く、下が丸くなって、オレンジのような色をしていました。バターナッツでしょうか? 又、開店と同時に段ボール箱を持って、駆け付けた人もいました。

 市は、11時頃には野菜が完売となりました。

【文と写真:早川 球喜】

はい、店開きだよ。いらっしょい。

はい、600円だよ。

ここの野菜は、オール100円だよ。

この南瓜種類は、何て言うの。

ああ、野菜いっぱい買っちゃた。

サツマイモは量り売りだよ。ちょっとおまけだ。

当所自慢の菊芋焼酎だよ。

いいものが当たります様に!

これちょうだい。

 

「ふれあいの集い」を開催

 11月13日、石渡公民館において石渡区と各種団体の共催による「ふれあいの集い」で、朝陽地区在住のヴァイオリニスト牧美花さんをお招きし、演奏会を開催しました。

 牧美花さんは3歳より音楽教育家として世界的に著名な故鈴木鎮一氏に師事、1998年頃から口コミで、ご縁のある所で演奏活動を行っています。又、自己紹介のなかで、牧さんはこの故鈴木鎮一氏と出会ったことにより、人生が変わりました、と語られています。

 「ふれあいの集いも、なかなかふれ合う事が難しい世の中になっていますが、せめて心だけでもふれ合えるようにと、そんな願いを込めて演奏します」と、里の秋、たき火、ふるさと、コスモス、川のながれのように、愛の讃歌、ユーモレスクなど多くの楽曲を演奏していただきました。「出会いとふれあいのコンサート」と言いましょうか、牧美花さんの人生観と重なっているような演奏会でした。

【文と写真:石渡区広報部長 早川球喜】

この様な姿でビックへ買い物に行くとか

会場の雰囲気を少しでも味わって頂ければ(1

会場の雰囲気を少しでも味わって頂ければ(2

会場の雰囲気を少しでも味わって頂ければ(3

会場の雰囲気を少しでも味わって頂ければ(4

会場の雰囲気を少しでも味わって頂ければ(5

竹内まりやさんの「命の歌」。心に残るメッセージ頂きました。

心に響く、素晴らしい演奏をありがとうございました。

 

令和2年の石渡区文化祭が行われました

 11月8日(日)、秋晴れのなか石渡区文化祭が、石渡公民館で行われました。

 今年は、新型コロナウイルスによる「新しい生活様式」の中で行われたこともあり、演芸大会及び懇親会が中止となり、大会議室での作品展示会だけとなりました。作品は9時から午後4時まで展示され、60名程の区民の皆さんがご覧になりました。

 また、今年は生花及び写真クラブ、信州大学附属特別支援学校、みかさ幼稚園及び区民の皆さんから17点と、多くの作品が寄せられ展示されました。

【文と写真:石渡区広報部長 早川珠喜】

特別支援学校の生徒さんのきれいなゆうやけだね!あかとんぼなど。

特別支援学校の生徒さんのしっこくの黒い鳥など。

みかさ幼稚園の園児さんのジャックとまめのきの人形など。

みかさ幼稚園の園児さんの絵。いきいきと描かれていました。

生花クラブの皆さんの生け花。

生花クラブの皆さんの生け花。

1年間の写真の中から、色々な思いが込められています。

小山さんのベビー服。色々な生地の服がありました。

平塚さんの折り紙。小さな蟹から大きく複雑な作品まで。

倉澤さんの竹細工。用途に応じ色々な編み方があるようです。

竹内さんのコイン・貨幣。百円紙幣、5百円紙幣、徳仁親王(現天皇陛下)の成婚記念金貨もあるよ。

関さんの絵手紙。実物大の糸瓜の絵に、実物と昨年のたわし状になった糸瓜(へちま)を添えて。日本の文化を感じます。

小林さんのミニバイク。

坂口さんの飛行機や戦艦大和のプラモデル。零式や中島式など色々な戦闘機があるものですね。

蟻田さんの編み物や着物。

増田さんの木彫りの絵。ほおずきが色鮮やかに描かれていました。

藤沢さんのパステル和(なごみ)アート、シャインカーピング。

宮坂さんの籠、エコクラフトで作ったバック。

多くの方が訪れた展示会場。

 

介護予防教室が開催されました

 寝たきり、認知症予防や健康づくりの介護予防教室が、10月22日(木)、「健康寿命をのばしていきいきと暮らそう!」をテーマに、石渡公民館で開催されました。

 初めに、地域包括支援センターコンフォートきたながいけの宮越さんから、フレイル予防のための いきいきライフ3か条「動く、食べる、つながる」の話がありました。続いて、コンフォート岡田リハビリテーションセンター理学療法士西澤さんの指導により、「筋力トレーニング」のおすすめ(同所作成)の中から①椅子に腰掛け、膝を伸ばしてできるだけ持ち上げる②立って椅子につかまり、つま先立ち(踵上げ運動)➂同ハーフスクワット④片足立位で股関節伸展などを体験しました。なお、この筋力トレーニングは目安として、頻度は週3回、運動回数は1~3セット位が効果的とのこと。

【文と写真:石渡区広報部長 早川珠喜】

いきいきライフ3か条。筋トレを椅子でゆっくりスクワット、筋肉の材料、たんぱく質を摂り、人との交流を週1回以上で、みんなでフレイル予防!

筋肉の衰えを、指輪っかテストで調べる。

膝関節を完全に伸ばし、つま先を手前に引き上げ、その状態のまま足を可能な所まで上げる。

踵はできるだけ高く上げ、体は傾けず直立する。

膝頭がつま先より前に出ない、胴は背筋を伸ばしたままかがみ、膝とつま先の向きをそろえる。

開く足は体の真横に開き、体も傾けず直立する。

お尻の筋肉に集中する、胴体は前かがみにならない、膝を曲げない。