「石渡フォトニュース」カテゴリーアーカイブ

脳と体の若返り体操講座を開催

 一緒に楽しく笑いながら脳と体を鍛えましょう――。こんな呼びかけで9月4日、石渡公民館で「脳と体の若返り体操講座」が開かれました。区民約20人が参加、区長の廣澤一由さんが「健康で長生きしたいものです。しっかり学んで健康寿命を伸ばしましょう」とあいさつしました。

 講師は、フィットネスサポートセンター代表の三浦弘さん(51歳)。三浦さんは自己紹介で、家庭でも出先でも体は絶えず動かしていると話し、主な趣味は水泳でマスターズで3種目の日本記録をもっているというと、会場からは驚きの声が起きました。

 脳と体を鍛えるゲームでは、三浦さんが交互に出す赤、青、黄の板に応じて、それぞれ違う動作をいかに速く正確に反応するかなど何種類ものゲームを楽しみました。三浦さんが強調したのは「AKB48」にならって「PPK48」を目指すこと。つまりピンピンコロリへの道を進むことです。それには、足腰を鍛え、人とのかかわり(社会参加)に積極的に取り組むことが大切といいます。決して「NNK48」、つまり「ネンネンコロリ」という寝たきりのグループにならないでと話しました。

 最後に脳の前頭葉や海馬などの構造を描いて、さまざまな分野がいかに密接に関係しているか、その関係を体操や社会参加で保つことが幸せな人生を送ることになると強調しました。三浦さんの熱い話しぶりに会場は終始、笑いと汗(冷や汗)に包まれました。

【文と写真:区監査役 水越渉】

「しっかり学んで健康寿命を伸ばしましょう」とあいさつする廣澤一由区長

赤や青の板を見てそれぞれ違った動作をいかに速く正確にできるか―。参加者は懸命に取り組みました

手と脚を異なるリズムに合わせて別々に動かすゲームでは、大勢がパニックになって笑いが起きました

講師の三浦さんは、黒板に脳のイラストを描き、各分野が互いに密接に関係しあっていることを説明。この関係を保つことが大切です強調しました

 

恒例の区民運動会が行われました

 残暑も和らぎトンボが飛び交う初秋、防災の日の9月1日、石渡公民館及び育成会主催による恒例の区民運動会が信大附属特別支援学校グランドで開催されました。

 各常会選手・応援団の入場、開会式、ラジオ体操の後、運動会が始まり、微笑ましく、勇壮な、力走する、チームの息の合った、和気相合い、そして楽しく、競技、アトラクション及び踊りが展開されました。

 競技等種目は
※みかさ幼稚園アトラクション
 ①かけっこ
☆②綱引き(常会連合)
※信大附属特別支援学校アトラクション
 ③幼児・区役・長寿会 玉入れ
 ④おやつをどうぞ
☆⑤リレーアラカルト
 ⑥障害物競争
☆⑦お水をいっぱい
 ⑧常会対抗リレー予選
 ⑨ミニマラソン
☆⑩常会対抗百足競争
 ⑪太公望
☆⑫ゲートボールリレー
☆常会対抗リレー決勝、
※朝陽音頭〝皆で踊ろう〝で、13競技、2アトラクション及び朝陽音頭が行われました。
☆印の競技は、得点種目で1位に5点、2位に4点、3位に3点、3点、4位に2点、5位に1点がそれぞれ賦与され、その結果、総合順位として、第1位が3常会で20点、2位及び3位が18点の同点でじゃんけんの結果、2位が1常会、3位が6常会となりました。上位はかなりの接戦になりました。最後にお愉しみ抽選会がありました。怪我や事故もなく楽しい1日を過ごすことができました。

 昼食を挟んで午後から石渡神社境内において慰労・懇親会が行われました。運動会を企画・運営いただきました役員の方々、ありがとうございました。

【文と写真:区広報部長 早川球喜】

みかさ幼稚園児のアトラクション

みかさ幼稚園児のマーチングバンドの演奏

1位だ! かけっこ

ゴールへまっしぐらだ! かけっこ

これは手強いぞ 綱引き

もっと踏ん張れ-! 綱引き

パパに抱っこされ、入れるぞー 玉入れ

こちらは大きな叔父さんたちだな 玉入れ

おやつめがけて突進だ おやつをどうぞ

タスキを渡すよ リレーアラカルト

前の人について網を抜けなければ 障害物競走

こっちはアンパンだ 障害物競走

せっかくここまで来たので、こぼさないで お水いっぱい

行はゆうゆう ミニマラソン

ぼくの走りかっこいいだろう ミニマラソン

足並みを揃えて 百足競争

廻るには大変だな 百足競争

真剣な顔だな 太公望

スタートダッシュ ゲートボールリレー

第1ゲート通過したかな ゲートボールリレー

なかなか通過しないな ゲートボールリレー

それーバトンタッチだ 常会対抗リレー決勝

それラストスパートだ 常会対抗リレー決勝

和やかにおどりましょう ❝皆で踊ろう❞

話のほうに夢中かな ❝皆で踊ろう❞

微笑ましい❝皆で踊ろう❞

総合第1位(3常会)カップ授与 おめでとうございます

総合第2位(1常会)カップ授与 おめでとうございます

総合第3位(6常会)カップ授与 おめでとうございます

賑やかな慰労・懇親の宴1

賑やかな慰労・懇親の宴2

 

 

 

石渡区の防災訓練が行われる。

 8月4日(日)に石渡区の防災訓練が行われました。

当日の天候は、曇りのち晴れ、暑い夏日が予想される中、午前6時に自主防災会長から区役等、常会長への一斉メールによる避難開始等の伝達で大規模地震を想定した防災訓練が開始された。参加者は、常会ごとに指定された一次避難場所へ集合、到着後、参加者名簿に氏名を記入し、その後各常会の旗を先頭に訓練時避難場所である朝陽体育館へ移動。体育館に到着後、各常会長から本部に体育館等までの避難者数、途中の道路状況等の報告が行われ、会長から体育館までの避難者147人、常会指定集合場所までの避難者152人及び途中道路等の発表がありました。

続いて、1~9常会を3グループに分け、順次入れ替わり①緊急救命訓練として、三角巾を使っての応急訓練及び簡易担架を作っての避難訓練、②AEDを使っての救命体験、③スモーク体験及び消火器を使用しての初期消火等の体験を行いました。消火器は噴射時間が、粉末で約15秒、液体で30秒又メータの付いている消火器が、レバーを放すと噴射が止まり、メータが付いていない消火器が、消火剤が終わらないと噴射が止まらない旨、又、消火の方法はピンを外し、ノズルの先端を持って、火から3~5mぐらい離れたところでレバーを握って噴射させることなどの説明がありました。

なお、消防署から①大規模地震の後に、多発的な火災が想定される。放置すると拡大し、適切な初期消火で未然に防ぐことができる。②今日の訓練はさわりで、講習会を開催しているので、希望の方は消防署に申し込み受講してほしい、③訓練に積極的に参加し、自分がやるべきこととして取り組んでほしいとの講評があり、会長からは要支援者の参加について、第一次避難場所まで16人、体育館まで3人、又隣組長等が事前にお宅へ伺い60人の安否が確認されているとの報告及び積極的に区の行事・交流の場に参加していただくなどで、お互いに知り合い、交流を深め、助け合いの輪を広げていただきたいとの挨拶があった。

【文と写真:石渡広報部長 早川球喜】

9常会第一次避難場所への集合の様子

朝陽体育館への移動の様子

朝陽体育館各常会の集合

簡易担架つくりの体験

三角巾を使った応急措置訓練

ペアを組んで三角巾の使い方を習得する

AEDの体験

胸骨圧迫(心臓マッサージ)とAEDとの連携訓練

消火器での初期消火訓練

消火器の操作の訓練

スモーク体験

煙の恐ろしさを体験

消防署による講評

廣澤一由(区長)自主防災会会長挨拶

 

朝陽公民館共催の第54回史跡めぐり

 6月28()朝陽住自協公民館部会・朝陽公民館共催の第54回史跡めぐりが実施されました。梅雨真っ只中ではありましたが、晴れ男の倉澤利和石渡公民館長の面目躍如 雨具を使うこともなく、バス3台総勢134(石渡からは18名が参加)で南信の名所旧蹟を訪れ楽しい一日を過ごすことができました。

 昨年の史跡めぐりは台風直撃により中止となったことから同じコースのリベンジとなり、満蒙開拓平和記念館・長岳寺水引の里お菓子の城 飯田奈良井宿を訪れました。

 満蒙開拓平和記念館は一度は行ってみたかったということで参加された方もいらっしゃいました。記念館ボランティアの方から、当時の現地での厳しい現実を歴史の流れと合わせて、映像や掲示資料をもとに説明していただきました。長野県からの開拓移民、満蒙義勇団員が全国一多く国策に協力したため、日本への引き上げに伴う犠牲者も最多だったということは、お役所に従順な県民性と農村の貧しさならではの結果だったかもしれません。説明されたボランティアの方の最後の「このような先人の犠牲を経た歴史を、無駄にしないよう今後にどのように生かしていくかを考えないといけない」とのメッセージが心に響きました。

 長岳寺は武田信玄が野田城攻めの際、病が重くなり甲斐への帰路に病死し、火葬された場所とされています。また、中国に残留した満蒙開拓団の子供、婦人の帰国にあたり尽力された山本慈照氏が住職を務められたお寺でもあります。現在の住職の方が信玄公との関わりや歴史を説明して下さり、50年程前に中央道建設にあたり現在地に移転となったそうです、阿智村在住の日本画家吉川優氏が下伊那地方の四季を描いた襖画や信玄公の供養塔等見所の多い古刹です。

 満蒙開拓平和記念館と長岳寺は隣り合って建っていますので、合わせて見学できます。今回は多人数だったため、2班に分かれ石渡は長岳寺、記念館の順で見学しました。

 奈良井宿(塩尻市:旧楢川村)は中山道木曽11宿では1番標高が高く、難所鳥居峠を控えた宿場町として発展し、町並みは国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されているそうです。宿場町をゆっくり五平餅でも食べながら木曽大橋まで歩きたかったのですが、時間制限があり早足でかけ巡らねばならなかったことが少し残念!

 帰路は雨があたり始めた高速道を姨捨の休憩を挟み長野まで一気に北上し、石渡いこいの広場から自宅までの間が唯一の雨具の出番でした。

 車中では、バスガイドさんの楽しいお話を聞きながら今回の感想、これから行ってみたい所等アンケートも行い、次回もより魅力的な史跡めぐりが期待されます。

公民館役員の皆さま、大変お世話になり、ありがとうございました。

【写真と文:通信員 笠原千代子】

定員120名を大きく上回る参加者が3台に分乗

長岳寺:信玄公との関わり等の住職の説明を傾聴

都道府県毎の開拓民、義勇軍送出数一覧長野県は突出しています

総勢18名の石渡からの参加者一同でパチリ

 

水引の里で昼食。倉澤館長 お疲れさまでした(右端)

記念館見学完了まではアルコールを控えたため、昼食会場は大盛り上がり!

作りたての名物「赤飯まんじゅう」を買い求める行列ができた風雲 お菓子の城 飯田城

奈良井宿は見所の多い落ち着いた宿場町

木曽大橋  総檜造りの太鼓橋は、橋脚を持たない橋としては日本有数の大きさを誇ります

 

公民館清掃に長寿会、出動!!

 石渡長寿会が7月2日、石渡公民館の清掃を行いました。この日は役員や会員26人が出動、公民館周辺では刈り払い機も登場して、草刈りやごみ拾いを行いました。中では会議室や台所、トイレ、天井の蛍光灯まできれいにしました。梅雨の合間を縫っての清掃で、湿度が高いため全員が汗びっしょりになって取り組んでいました。

 この作業は長寿会慣例のボランティア活動で、春には石渡神社境内の草取りなどの清掃を行っており、9月には再び石渡神社境内で行う予定です。

 終了後は全員でお茶とお菓子の反省会(慰労会)です。会長の中島弘さん(5常会)が「おつかれさまでした」とあいさつ、「会員のうち2人が米寿を迎えました。記念品を贈ります。先日の物質あっせんは合計83,200円になりました」など報告。しばらく談笑が続きました。

【文と写真:区監査役 水越渉】

大勢で公民館裏の草取り。「腰が痛い」「ひざも…」など言いながらも元気に取り組んでいました

刈り払い機も2台登場。作業はグンとはかどりました

草取りの作業もほぼ終わりに近づき、ヤレヤレといった表情です

高い脚立に乗っての蛍光灯の掃除。「大丈夫?」の問いかけに「だいじょうぶだ~」の返事が返ってきました

長寿会の活動報告をする会長の中島弘さん(中央)。頑張ったのでシャツの背中はびっしょりでした

ボランティア活動に参加した長寿会の精鋭たち。気のせいか、お茶とお菓子ではなんとなく物足りない表情でした

 

 

恒例の親善球技大会、雨のため屋外球技が中止に!

 恒例の石渡公民館主催の親善球技大会が6月30日(日)に開催されました。前日の夕方から雨の空模様で、当日は朝からかなりの雨降りで、屋外球技のグランドゴルフ、ゲートボール及びペタングが中止となりました。

 屋内ではソフトバレーボール及び育成会のドッジボールが8時から長野運動公園の補助体育館で区長挨拶、ラジオ体操などの後、競技が開始されました。

 ソフトバレーボールは常会対抗で、9チームが選りすぐりの選手を揃え、熱戦を繰り広げました。その結果、2常会、3常会、6常会及び8常会の各チームが準決勝にコマを進め、準決勝及び決勝の結果、2常会チームが優勝、8常会チームが準優勝、3常会チームと6常会チームが3位となりました。優勝した2常会チームは3年連続だとか。

 又、ドッヂボールは育成会ルールにより、低学年男女混合、高学年男子及び高学年女子ごとにチームを編成して熱戦を繰り広げました。

 午後から公民館において、優勝、準優勝及び3位のカップの授与があり、懇親会となりました。

 なお、今回中止になりましたグランドゴルフ、ゲートボール及びペタングの選手の皆さん、準備を進めてきて残念だと思いますが、来年の活躍を楽しみにしております。

 石渡公民館役員の方、大会の準備、運営など誠にありがとうございました。

【文と写真:区広報部長 早川球喜】

朝のラジオ体操、しっかり準備運動をしましょう

ソフトバレーボール1回戦、4常会チーム対1常会チーム

育成会のドッヂボール戦

育成会のドッヂボール戦

2回戦9常会チーム対2常会チーム

2回戦8常会チーム対7常会チーム

2回戦5常会チーム対6常会チーム

2回戦9常会チーム対3常会チーム

準決勝8常会チーム対6常会チーム

準決勝3常会チーム対2常会チーム

入賞常会表彰式

和気あいあいと和む懇親会の様子

 

8常会で洋ランの植え方教室開催

 公園の花壇整備などに取り組んでいる8常会のボランティアグループ「いこいの会」は6月23日、洋ランの愛好会「長野蘭友会」の事務局長、粟野原潤さんを講師に招き、「洋ランの植え方教室」を8常会の公園で開きました。愛好者15人が自宅から鉢植えを持参して、粟野原さんから適切な栽培方法を学びました。

 粟野原さんは参加者が持参した鉢植えを手に取り、「水やりが足りていない」など鉢ごとに指導、株が増えすぎて花が咲かなくなったシンビジウムについては、根のほとんどを切り落とし、一部を残して小さい鉢に植える方法を指導していました。

 このほか、洋ランの夏越しのポイントとして、①10月上旬までは戸外で栽培する②土やコンクリートの上に置かず台の上に置く③水やりは朝はたっぷり夕方は少々④肥料は油粕など置き肥を月1回与える⑤10月に室内に取り込む前に、ナメクジをしっかり駆除する―など具体的に説明。参加者はメモを取ったり、熱心に質問するなど粟野原さんの説明に聴き入っていました。

[文と写真:区監査役 水越渉]

講師の粟野原さん(左)のユーモアあふれる説明に参加者からは笑いが起きていました

参加者からは熱心な質問が相次いで出されました

 

歌声高く……お茶のみサロンが開かれました

 大勢が集まって、お茶を飲みながらおしゃべりすることで、生き生きした人生を送ろうという「お茶のみサロン」が626日、石渡公民館で開かれました。令和になって初めてのサロンです。区民約40人が参加しました。

 今回のサロンは、これまでの健康講演会をやめて、参加者全員で思い切り歌おうと、福祉推進支部長の高山三良さん(2常会)らが企画し、ハーモニカ伴奏を5常会の関保雄さん(71)・英子さん(65)夫妻にお願いしたところ快諾してもらい実現しました。

 廣澤一由区長のあいさつのあとは、緊張感をほぐそうと、しばしお茶とお菓子のおしゃべりタイムです。そして関さん夫妻の伴奏で、合唱が始まりました。最初は五木ひろしの「千曲川」。続いて「雨降りお月さん」「夏は来ぬ」など全部で17曲を歌い続けました。曲ごとに関さんの解説があり、「南国土佐を後にして」の解説では、「よさこいとは、夜に来いとか、よいしょこい、あるいはよってらっしゃいなど諸説あります」などユーモアあふれる語りに会場から笑いが起きていました。

 最後は「故郷」の大合唱です。力強い歌声が公民館いっぱいに響き渡りました。

【文と写真:区監査役 水越渉】

合唱前の緊張感をほぐすためのお茶とお菓子のおしゃべりタイム。あちらこちらで笑い声が起きました

関保雄さん・英子さん夫妻によるハーモニカ伴奏で合唱がスタートしました

懐かしい曲に、参加者は楽しそうに声を張り上げていました。以下は参加者の素晴らしい歌声を、写真を通して想像してください

最後は全員で高らかに「故郷」合唱。楽しいひとときを過ごしました